【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

富士フイルム、スマートフォンに無線LANで画像送信できる「FinePix Z1000EXR」

〜専用アプリを用意。赤外線感覚で転送可能

 富士フイルムは、「FinePix Z1000EXR」を2月18日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万円前後の見込み。

ピンク ジェイドグリーン
シャンパンゴールド ホワイト

 35mm判換算28-140mm相当の5倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。無線LANと高速赤外線通信機能「IrSimple/IrSS」を内蔵し、スマートフォンまたはフィーチャーフォンに撮影画像を直接送信できる。

 無線LAN経由の画像送信には、iOSおよびAndroid OS向けの専用アプリ「FUJIFILM Photo Receiver」を用意。カメラとスマートフォンの専用アプリ上で接続ボタンを同時に押すとペアリングが行なわれ、以後はカメラの再生画面から各画像の送信ボタンを押すことで随時転送される。スマートフォンとの接続にSSID入力などの接続設定が不要なため、他人のスマートフォンへの画像送信も容易とした。転送する画像は3Mサイズやフル画素を選択可能。

 本体前面のレンズ横に自分撮りミラーを備えたほか、設定人数の顔が認識されると自動的にシャッターが下りる「自分撮りタイマー」、2人の顔が近づくと自動撮影する「恋するタイマー」を搭載した。「肌なめらか」、「肌色あかるく」、「目大きく」の3モードを3段階に調整できる「フェイスレタッチ」も備える。画像内の複数人にも1人ずつ適用可能。

 顔検出機能を利用した「顔追尾オートフォーカス」も新機能。360度撮影に対応した「ぐるっとパノラマ360」、犬または猫を検出する「ペット検出」および「ペットオートシャッター」機能も利用できる。

 撮像素子はISO3200以上での画像ノイズを約30%低減したという「EXR CMOSセンサー」を採用。シーン自動認識の「EXR AUTO」時には10倍ズーム相当になる超解像ズームを利用可能。「プレミアムEXR AUTO」では新たに三脚の使用を自動判定し、動体を含む夜景撮影の認識シーン数が増加。合計103パターンを認識するとした。

製品名 FinePix Z1000EXR
撮像素子 1/2型有効1,600万画素EXR CMOS
レンズ 28-140mm相当(35mm判換算)F3.9-4.9
最短撮影距離 9cm(マクロモード広角端)
20cm(マクロモード望遠端)
手ブレ補正 センサーシフト式
感度 ISO100-6400
(ISO6400はM、Sサイズ記録のみ)
液晶モニター タッチパネル式3.5型46万ドット(アスペクト比16:9)
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード
内蔵メモリー(約62MB)
動画記録 1,920×1,080/30fpsなど
バッテリー リチウムイオンバッテリーパックNP-45A
撮影可能枚数 約220枚
外形寸法 102.1×59.7×18.3mm
質量 約141g(本体)
約157g(バッテリー、メモリーカード含む)

(本誌:鈴木誠)

2012/2/1 14:18