【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

RAC、銀塩カメラ「フェド」のアーティストバージョンなど

〜インダスター61 L/D 55mm F2.8が付属

 アドプラスは、シンガポールRAC社が整備した銀塩カメラ「RED ARMY CAMERA」を15日に発売した。価格は「Fed 5B BASIC」が1万7,800円、「Fed 5B Limited Edition」が2万1,800円。直販サイト「ギズモショップ」で扱う。アドプラスは今回、RACの国内総代理店になった。

・Fed 5B BASIC

BLACK DENIM
HOHLOMA METARIC
RED ORANGE
PINK

・Fed 5B Limited Edition

CHEEEES! Limited Edition MONSTER Limited Edition
ONESIXTYOTEPAD Limited Edition RR Limited Edition

 旧ソビエトで生産されていた銀塩レンジファインダーカメラ「FED(フェド)5B」をベースに、張り革をオリジナルデザインにしたモデル。本体は市中に出ず工場の在庫として保管されていたもので、RACが整備したリファビッシュ品の扱い。実用上問題のないキズが見られる個体もあるという。

 Basicは7モデル、Limited Editionは4モデルをラインナップする。Limited Editionはストリートアーティストのデザインによる張り革を使用したモデルで、数量限定となる。

 35mmフィルムを使用するカメラで、マウントはライカスクリューマウント。単焦点レンズ「Industar(インダスター)-61 L/D 55mm F2.8」が付属する。同レンズの最短撮影距離は1m。シャッター速度は1〜1/500秒。セルフタイマー、フィルムカウンター、視度補正、ホットシューなどを備える。

 サイズは141×92×75mm、重量は約750g。日本語マニュアルやフィルム1本も付属する。




(本誌:武石修)

2011/11/15 18:46