【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

「ペンタックスリコーイメージング株式会社」が発足


 株式会社リコーは10月1日付けで、完全子会社「ペンタックスリコーイメージング株式会社」を発足させたと発表した。一連の事業買収が予告通り完了し、新会社の社名が明らかになった。

 HOYA株式会社は、ペンタックスイメージング株式会社(会社分割で10月1日に設立)にPENTAXイメージング・システム事業をいったん承継させ、新会社の全株式をリコーに譲渡。以上の取引が完了し、リコーは社名を変更した。

 ペンタックスリコーイメージング株式会社の社長は、リコー代表取締役 副社長執行役員の三浦善司氏。本社所在地はペンタックスイメージング株式会社から引き続き、東京都板橋区前野町2-35-7。

 資本金は1億円。従業員数は約1,900名(子会社を含む)。事業内容はデジタルカメラ、双眼鏡、セキュリティカメラ用レンズ等光学機器の製造販売。

 新会社の英語表記はPENTAX RICOH IMAGING COMPANY, LTD.。

 10月1日現在、ペンタックイメージング株式会社のホームページは、http://www.pentax.jp/になっている。一見すると9月30日までのHOYAのPENTAXイメージング事業ホームページと同じであり、従来から変化がみられないように見える。ただしよく見ると、本日からは「RICOHデジタルカメラ」ページへのリンクが設けられているのがわかる。

 また、「ペンタックスについて」によると、ペンタックスリコーイメージング株式会社には、イメージング・システム事業部とセキュリティ統括部が設けられた。前者はデジタルカメラ、天体望遠鏡、双眼鏡スポッティングスコープ、フィルムカメラといった、コンシューマー製品を中心に取り扱う。一方後者は、セキュリティ用レンズ、マシンビジョン用レンズの開発を行なうという。

 なお、HOYA株式会社で存続するデジタルカメラ用レンズモジュールとライフケア事業は、「ペンタックスリコーイメージング株式会社以外で取り扱いのPENTAXブランド事業」として紹介されている。

 「ペンタックスリコーイメージング株式会社設立のお知らせ」では、以下のアナウンスが掲載されている。


 ペンタックスのイメージングシステム事業は、2011年10月1日より、ペンタックスリコーイメージング株式会社として業務を開始いたしました。

 ペンタックスリコーイメージングは、レンズを含むカメラ事業の開発設計、生産、知的財産、国内外の販売チャネルを有しております。今後は歴史あるPENTAXブランドのデジタルカメラ事業において、独自のリーダーシップポジションの確立を目指して参りますので、より一層のご愛顧、お引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 同日、ペンタックスイメージング株式会社の参加子会社も次の通り名称を変更している。PENTAX RICOH IMAGING PRODUCTS(Vietnam)CO., LTD.(ベトナム、ハノイ)、PENTAX RICOH IMAGING PRODUCTS(Philippines)CORPORATION(フィリピン、セブ)、PENTAX RICOH IMAGING EUROPE n.v.(ベルギー、ザベンタム)、PENTAX RICOH IMAGING FRANCE S.A.S(フランス、アルジャントゥイユ)、PENTAX RICOH IMAGING UK LTD.(英国、スラウ)、PENTAX RICOH IMAGING DEUTSCHLAND GmbH(ドイツ、ハンブルグ)、PENTAX RICOH IMAGING AMERICAS CORPORATION(米国、デンバー)、PENTAX RICOH IMAGING CANADA INC.(カナダ、ミシサガ)、PENTAX RICOH IMAGING CHINA CO., LTD.(中国、上海)。



(本誌:折本幸治)

2011/10/1 17:09