【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

東芝、無線LAN機能付きSDHCメモリーカード「FlashAir」

〜対応デジカメを複数社が販売検討中

 東芝は1日、世界初という無線LAN通信機能付きSDHCメモリーカード「FlashAir」を発表した。

FlashAir(THNSW008GAA-A)

 容量8GBの「THNSW008GAA-A」を2012年2月に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は6,000円台半ばの見込み。サンプルの出荷は2011年11月に開始する。

 2日からドイツのベルリンで開催される家電見本市「IFA2011」で展示する。

 FlashAirを一般のデジタルカメラに挿入すれば、無線LANによる通信機能が利用可能。スマートフォンやパソコンなど、通信機能を持った機器にカメラの写真をコピーできるという。対応ファイルは、JPEG、MPEG、RAWなど。通常のSDHCメモリーカードとしても使用可能で、スピードクラスはClass6。

 さらにFlashAir対応のデジタルカメラにFlashAirを挿入すれば、対応機器間においてパソコン不要でワイヤレスのファイル送受信ができるという。クラウドサービスへのアップロードやダウンロードにも対応するとしている。

 現時点でFlashAir対応のデジタルカメラは発売されていないが、東芝によれば複数のカメラメーカーが販売を検討中だという。

 FlashAirは今後、日本、北米、欧州で無線の認証を取得する予定だとしている。無線LANの規格はIEEE802.11 b/g/nに準拠し、WEP、TKIP、AES(WPA、WPA2)のセキュリティに対応する。FlashAirでは画像データの送受信時のみ無線通信機能が起動するため、対応機器の消費電力も抑えられるという。

 無線LAN機能を内蔵したメモリーカードとしては、米Eye-Fiの「Eye-Fiカード」が知られている。日本法人アイファイジャパンのWebサイトには「Eye-Fi(アイファイ)カードは、世界初の無線LAN内蔵SDHCメモリーカードです。」との記述があるが、東芝側は「(他社の製品についてはコメントする立場にないとしながらも)Eye-FiカードはSDHCの規格ではなく、SDHCメモリーカードとは認識していない」(広報室)ことから、FlashAirを「無線LAN通信機能を搭載した世界初のSDHCメモリカード」としている。

 一方アイファイジャパンは、「Eye-FiはSDアソシエーションのメンバーであり、アイファイカードはSDHCに対応している。FlashAirについては、現物を見ていないのでコメントは差し控える」(マーケティング・PR)とコメントした。

【2011年9月2日11時50分】アイファイジャパンのコメントを追記しました。




(本誌:武石修)

2011/9/1 19:17