【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

富士フイルム、APS-Cセンサー搭載の「FinePix X100」を国内発表


 富士フイルムは、APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix X100」を3月5日に発売する。店頭予想価格は12万8,000円前後の見込み。

FinePix X100

 2010年9月のフォトキナ2010で開発発表し、2011年3月の発売を予告していた製品。今回、国内での発売が正式に決まった。

 撮像素子にAPC-Sサイズ相当(23.6×15.8mm)の有効1,230万画素CMOSセンサーを搭載。レンズに合わせて最適化した専用設計としている。具体的には、レンズに合わせてマイクロレンズの配置をシフトさせることにより、レンズからの光の入射角を拡大し、フォトダイオードに導く光量を確保する。

 レンズは35mm判換算で35mm相当(実焦点距離23mm)、開放F2の単焦点レンズ。絞りリングとフォーカスリングを備える。また、スーパーEBCコーティングを施す。レンズ構成は6群8枚。両面非球面レンズを1枚使用し、すべての凸レンズに高屈折ガラスを使用した。また、NDフィルターを内蔵する。ボディの小型化と薄型化を追求し、レンズ後群をボディ内に埋め込んだことから、レンズは固定式かつ非沈胴式になったという。

 光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)の切り替えが可能。富士フイルムでは、被写体をクリアに見たい場合や撮影時のタイムラグを少なくしたい場合は光学ファインダー、ピント、露出、ホワイトバランス、被写界深度などを確認しながら撮影したい場合は電子ビューファインダーの使用を提案している。

 光学ファインダーは逆ガリレオ式。採光式ブライトフレームの構造を基本としつつも、ブライトフレームの代わりに144万ドットの液晶パネルを配置。光学ファインダー内に液晶パネルの撮影情報などが表示可能となるほか、採光式よりも文字をシャープに表示できるという。ファインダー内の表示情報はカスタマイズ可能。ファインダーのアイポイントは15mm。アイセンサーや視度調整用のダイヤルを備える。

 高精度プリズム、高屈折ガラス、スーパーEBCコーティングを採用し、クリアで明るく収差の少ない視界を実現したとしている。ファインダー倍率は0.5倍。

 電子ビューファインダーは、144万ドットの0.47型。視野率は約100%。電子ビューファインダーの使用時に光学ファインダーの遮光シャッターを閉じることで、よりクリアな視界を得ることができるとする。

ハイブリッドビューファインダーの構造図(写真はフォトキナ2010で発表したもの) EVFで分割線と電子水準器を表示したところ(プロトタイプによる表示。枠の表示が直線でないのはこの画像を撮影したカメラの歪曲によるもの)

 トップカバーはマグネシウムダイキャスト製。表面仕上げにはスチール風の特殊コーティングを施す。天面には、シャッター速度と露出補正を個別に設定できるダイヤルもそれぞれ設ける。それぞれ最適な固さに調整しているという。なお、シャッターダイヤル、露出補正ダイヤル、絞りリング、フォーカスリングは、金属ブロックからの削り出し工法で製作している。ボディ部分の仕上げはレザー調。本革よりも耐久性に優れるという合成皮革を採用した。

 撮影機能面では、シーン認識機能「プレミアムEXRオート」を装備。デュアルコアの画像処理プロセッサーを搭載することで、被写体の色や形状などから、49シーンの認識に対応した。なお、同時発表の「FinePix F550EXR」や「FinePix HS20EXR」にも同じプロセッサーを搭載している。このほか、パノラマ撮影機能「ぐるっとパノラマ」やフィルムシミュレーションといった機能を利用できる。

 動画記録は、最大1,280×720ピクセル、24fpsのHD動画を撮影可能。HDMI端子も備える。

 このほか、別売アクセサリーとして、クリップオンストロボ「EF-42」および「EF-20」、レンズフード「LH-X100」、アダプターリング「AR-X100」、レザーケース「LC-X100」をそれぞれ用意する。

レンズキャップはアルミ製 レザーケース「LC-X100」
レンズフード「LH-X100」 レンズフードをX100に装着したところ


製品名 FinePix X100
撮像素子 APS-Cサイズ相当(23.6×15.8mm)有効1,230万画素CMOS
レンズ 35mm相当(35mm判換算)、F2
最短撮影距離 約10cm(マクロモード)
手ブレ補正 -
感度 ISO100-12800
シャッター速度 30-1/4,000秒
露出プログラム プログラム、シャッター優先、絞り優先、マニュアル
測光方式 マルチ、スポット、アベレージ
液晶モニター 2.8型46万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード(UHS-I対応)

内蔵メモリー(20MB)
連写速度 約10枚/秒(JPEG記録時)
動画記録 H.264(1,280×720・24fps)など
バッテリー リチウムイオン充電池「NP-95」
撮影可能枚数 約300枚
外形寸法 126.5×74.4×53.9mm
質量 約445g(バッテリー、メモリーカード含む)


(本誌:関根慎一)

2011/2/8 14:08