【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

シグマ、約4,600万画素・防塵防滴ボディの「SD1」

〜X3ダイレクトセンサーを大型化。“デュアルTRUE II”も

 シグマは21日、デジタル一眼レフカメラ「SD1」を開発発表した。発売日、価格は未定。フォトキナ2010にあわせての発表。

SIGMA SD1

 フルカラーX3ダイレクトイメージセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「SD」シリーズの最新モデル。撮像素子を一新したことに加え、画像処理エンジン「TRUE II」を2つ搭載する「デュアルTRUE II」構成を採用する。

 従来機種「SD15」との最大の違いは、有効画素数が約1,406万画素(2,652×1,768×3)から、約4,600万画素(4,800×3,200×3)になった。さらに撮像素子サイズを20.7×13.8mmから24×16mmに大判化したことで、撮影画角はレンズ表記の約1.7倍から約1.5倍になっている。

 また、X3ダイレクトイメージセンサー専用の画像処理エンジンTRUE(Three-layer Responsive Ultimate Engine)IIを2つ搭載。SD15はTRUE IIを1つ搭載している。

 記録メディアはSDHC/SDメモリーカードから、CF Type Iに変更。UDMAに対応する。

 AFセンサーには、11点ツインクロスセンサーを採用する。SD15は十字配置の5点。

 外観カバーにはマグネシウム合金を採用。さらに防塵防滴仕様になるという。

 液晶モニターは3型約46万ドットで、スペック面での変更はない。内蔵ストロボ、シンクロ端子も備えている。

 なおシグマは、SD14をフォトキナ2006で、SD15はフォトキナ2008で開発発表を行なっている。


主な仕様

製品名 SD1 SD15
撮像素子 X3ダイレクトイメージセンサー(CMOS)
撮像素子サイズ 24×16mm 20.7×13.8mm
有効画素数 約4,600万画素(4,800×3,200×3) 約1,406万画素(2,652×1,768×3)
ファインダー視野率 約98%
ファインダー倍率 0.95倍 0.9倍
測距点 11点 5点
液晶モニター 3型約46万ドット
記録メディア CF SDHC/SD/MMC
145.5mm 144mm
高さ 112.5mm 107.3mm
奥行き 80mm 80.5mm
重量 未定 680g(電池除く)

 

【2010年9月21日】表中の撮像素子サイズが誤っていた点を修正しました。

(本誌:折本幸治)

2010/9/21 15:11