ゆきぴゅーの「今日もお出かけ日和」

バラのパワーで女子力もアップ!アカオハーブ&ローズガーデンの巻

(クリックすると拡大します)

今回カメラを持ってお出かけした先は、熱海にある「アカオハーブ&ローズガーデン」。1年を通して季節の花が楽しめる観光スポットなのですが、この時期は春バラがちょうど見頃。まさに今が一年の中で一番美しい季節なんですの。

3月28日〜7月17日の期間は“熱海ローズフェスティバル2015”を開催中で、今年のテーマは“花とスイーツ”!お花好き&スイーツ好きの女子にはたまりませんわね。

まず最初に鼻息荒く、声を大にして言っておきますが、このアカオハーブ&ローズガーデン、思っていた以上に素敵なところで、時間があったら3日間くらいじっくり写真を撮ってみたいと思ったほど!バラのいい香りに包まれて、あっちを見てもこっちを向いても綺麗なお花だらけ。普段は花より団子なゆきぴゅーですが、今回ばかりは団子より花でしたのよ(とか言ってちゃんとケーキ食べましたが)。

熱海駅から路線バスに揺られること約15分、国道135号線沿いにあるアカオハーブ&ローズガーデン。

錦ヶ浦という景勝地にあるため、目の前にはこんな絶景が広がります。

ジャーン!念願の“カメラスリング”を買いました。

これはストールのような生地で作られているカメラストラップ。一般的なストラップと比べて首や肩への負担が少なくて、収納のときにくるっとカメラを包めたりもできます。カンガルーのお腹みたいなポケットがあるので無くしがちなレンズキャップも収納できるなど多機能な優れもの!さっそくD5500に付けて、この日がカメラスリングデビューの日でしたの〜!

園内はテーマ別に12のガーデンが点在していてそれぞれ咲いている花の種類が違います。

バラの種類なんぞまったく知らないゆきぴゅーですが、ここイングリッシュローズガーデンのバラが一番好みでした。

後ろにあるガゼボを入れ込んで、あれやこれやと挑戦してみました。これはスペシャルエフェクトモードのミニチュア効果で撮影。

ホワイトバランスを「電球」にして変化をつけたり、

思いっきりハイキーにしてみたりと、カメラの設定をいろいろ変えて撮っていたらなんだか楽しくなってきました。というわけで今回のテーマは「私だけの夢の国」(←引かないでね)

高低差のある地形を生かして作られている庭園なので、こんなダイナミックな俯瞰で撮れるのも特徴。スペシャルエフェクトモードのトイカメラ風で撮影した“バラの谷”です。

谷を降りるとなんともロマンチックなネーミングのガーデンへ。

白いバラはやっぱり特別感がありますわね。さすがプロポーズガーデンに咲くバラ!

妄想が広がります。

お腹がすいてきたので撮影はいったん中断してランチをとることに。相模湾を一望できる素敵なレストラン“ミッレフィオーレ”では季節の素材を使ったパスタがオススメとのことで、駿河の桜海老と釜揚げシラスのペペロンチーノを注文。スープとプチパンが付いたお得なランチセットはボリュームも満点で大満足でした。

もう一度園内バスに乗って最上部まで上がったところで、ここから午後の部スタートです。

実は私この日は3本のレンズを持っていたのですが、午前中は標準レンズを付けたまま一度もレンズを替えていなかったんですの!なぜならレンズ交換の時間がもったいないと思うくらい撮影を楽しんでいたから。そんなわけで、ここからはマクロレンズや望遠レンズの写真も出てきます。

なんて素敵なバラのアーチ!もちろんここは人気の記念撮影スポット。

咲ききっていない状態のいい一輪を見つけるのがバラを撮るときのコツ。特別な一輪を探すのも楽しかった!

プロポーズガーデンのパーゴラの中を望遠レンズの圧縮効果で。

約100種類あるというハーブの中でも圧巻なのはラベンダー。7月位までまだまだ楽しめます。

2回目の撮影もたっぷり堪能したところでそろそろタイムアウト。最後は今の時期にしか食べられない限定スイーツでシメなくてはいけません。選んだのはローズシフォンケーキ。ふかふかのシフォンケーキもさることながら、添えられたバラのアイスクリームが絶品でした。

再び熱海駅に戻って“あ、そういえば今回は顔ハメ看板ありませんでしたわねぇ……”な〜んて思いながら駅前をブラブラしていたら、ありました!熱海温泉の妖精『あつお』になるバージョン。

これでもかという積まれっぷりで駅前の売店で売られていた小田原産のニューサマーオレンジをお土産に購入。こちらも旬の味覚でおいしゅうございました。

アカオハーブ&ローズガーデンで丸一日写真を撮ってみて気づいたこと、それは通路と花壇の間に柵やフェンスなどの遮るものがなく、植物園などで見かけるネームプレートや説明看板なども一切ないので、人工物を気にしないでストレスなく撮れることでした。どこを切り取っても自然でナチュラルな雰囲気の写真になるのです。それから広い敷地全体が高低差を利用した造りになっているので、背景に他の人が映り込みにくいというのも写真を撮りやすい要素かもしれません。

何はともあれ、お花に囲まれて夢中でシャッターを切ったこの日は、まさに夢のような一日でした。春バラの見頃は6月上旬まで!カメラ女子にはイチオシのお出かけスポット『アカオハーブ&ローズガーデン』でした。

今回ゆきぴゅーが持っていったカメラ&レンズ

ニコンD5500ダブルズームキット & AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f2.8G

アカオハーブ&ローズガーデン

ハーブ工房ではバラの石鹸作りやコロン作りなどの手作り体験ができたり、ハーブハウスではハーブティーやバラジャムなど女子力アップしそうなお買い物も楽しめます。

静岡県熱海市上多賀1027-8
年中無休
入園受付9:00〜16:00(17:00閉門)
公式ページ
http://www.garden-akao.com/

(2015/5/20)
ゆきぴゅー

長野生まれの長野育ち。2001年に上京し、デジカメライター兼カメラマンのお弟子さんとして怒涛の日々 を送るかたわら、絵日記でポンチ絵を描き始める。独立後はイラストレーターとライターを足して2で割った“イラストライター”と して、雑誌やWeb連載のほか企業広告などのイメージキャラクター制作なども手がける。