デジカメ Watch

【実写速報】マミヤ Mamiya ZD

〜2,170万画素、645サイズのCCD搭載
Reported by 編集部

※編集部に届いた新製品の外観と仕様などとともに、編集部の撮影による実写画像をいち早く掲載するコーナーです。

※作例のリンク先は撮影画像をコピーしたものです。
※撮影モードはすべてプログラムAE、JPEG L:Fineです。

※写真下の作例データは、使用レンズ/記録解像度(ピクセル)/露出時間/絞り値/露出補正値/ISO感度/ホワイトバランスを表します。


外観





左から付属のIRカットフィルター、ローパスフィルター(別売) ローパスフィルターの内部

カメラへの装着は底面から行なう 充電器。2つのバッテリーをセットできる

主な仕様

撮像素子 48mm×36mm有効2,130万画素 フルフレームトランスファーCCD
撮影画角 レンズ表記焦点距離の1.16倍に相当
記録解像度 5,328×4,000 / 4,096×3,072 / 3,008×2,256ピクセル
記録形式 RAW、JPEG RAW+JPEG
ISO感度 ISO50〜400
記録メディア SDメモリーカード CF(Type I/II)※256MB以上
レンズマウント マミヤ645AFマウント ※M645レンズはマニュアルフォーカスで合焦マークによるフォーカスエイドで使用可能。AE測光は絞込みによる部分測光モードで使用可能
ファインダー視野率 98%
ファインダー アイレベル式ペンタプリズムファインダー 視度調整:-2.5〜+0.5dpt/アイポイント:15mm アイピースシャッター:あり
シャッタースピード 30〜1/4,000秒(1/3、1/2ステップ切り替え可能)
最大シンクロ速度 1/125秒 先幕シンクロ(後幕シンクロ設定可能)
測光方式 中央部重点、平均、部分、スポット、平均/部分自動切替
液晶モニター 低温ポリシリコンTFTカラー液晶1.8型
PC接続 IEEE1394
バッテリー リチウムイオン充電池(BA701)
本体サイズ 161.5×90.8×152mm(幅×奥行き×高さ)
重量 1,300g(本体のみ)


定点作例

AF 80mm F2.8 / 4,000×5,328 / 1/200秒 / F9.5 / 0EV / ISO50 / WB:オート AF ULD 210mm F4 IF / 4,000×5,328 / 1/200秒 / F9 / 0EV / ISO50 / WB:オート

AF 80mm F2.8 / 4,000×5,328 / 1/160秒 / F6.8 / 0EV / ISO50 / WB:オート AF 80mm F2.8 / 4,000×5,328 / 1/450秒 /F2.8 / 0EV / ISO50 / WB:マニュアル

AF 80mm F2.8 / 4,000×5,328 / 1/60秒 / F2.8 / 0EV / ISO50 / WB:オート


URL
  マミヤ
  http://www.mamiya-op.co.jp/
  製品情報
  http://www.mamiya-op.co.jp/home/camera/digital/zd/

関連記事
マミヤ、中判デジタルカメラ「Mamiya ZD」を21日に発売(2005/12/01)



編集部

2006/01/18 00:35
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.