デジカメ Watch

【実写速報】ペンタックス *ist DL

〜ペンタミラーと2.5型液晶を搭載した*ist DSの姉妹機
Reported by 編集部

 「実写速報」は、編集部に届いた新製品の外観、仕様を掲載するとともに、編集部による実写画像をいち早く掲載するコーナーです。

※使用レンズは、レンズキットに付属する「smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL」です。






18-55mm F3.5-5.6にレンズフードを装着した状態



EOS Kiss Digital N、D50との比較

左からEOS Kiss Digital N、*ist DL、D50

撮像素子有効610万画素 23.5×15.7mmサイズ原色フィルター付きCCD
シャッター電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッター速度30〜1/4,000秒、バルブ
連写枚数最大5枚(2.8コマ/秒)
フォーカス機構TTL位相差検出式、3点ワイドAFセンサー
露出モードプログラム、シャッター優先、絞り優先、マニュアル、バルブ、ピクチャーモード(8種)
レンズマウントペンタックスKAFマウント
記録形式RAW、JPEG
記録画素数3,008×2,008(RAW)、3,008×2,000、2,400×1,600、1,536×1,024ピクセル
ファインダー約0.85倍、視野率95%、ペンタミラー式
液晶モニター2.5型低温ポリシリコンTFT液晶、約21万画素素
記録媒体SDメモリ−カード
USBUSB 2.0
内蔵ストロボガイドナンバー15.6(ISO200/m)
電源CR-V3を2本、または単3リチウム電池、単3ニッケル水素充電池、単3アルカリ電池のいずれかを4本
サイズ125×67×82.5mm(幅×奥行き×高さ)
重量470g(本体のみ)


作例

※作例のリンク先は、撮影した画像データそのものです(ファイル名のみ変更してあります)。クリックすると撮影した画像が別ウィンドウで表示されます。

※作例の撮影には、smc PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6ALを使用しています。また、すべての作例はプログラムオート、露出補正なし、ホワイトバランスオート、ISOオート(最終段右の画像のみISO200固定)、画質S.ファイン、画像サイズ6M(JPEG)で撮影しています。

※キャプション内の撮影データは画像解像度(ピクセル)/露出時間/絞り値(F)/ISO感度/レンズの焦点距離(35mm判換算、mm)です。


【広角端】
3,008×2,000 / 1/350(秒) / 6.7 / 200 / 27
【望遠端】
3,008×2,000 / 1/250(秒) / 9.5 / 200 / 82

【広角端】
3,008×2,000 / 1/90(秒) / 5.6 / 200 / 27
【望遠端】
3,008×2,000 / 1/90(秒) / 5.6 / 200 / 82

3,008×2,000 / 1/60(秒) / 4.5 / 200 / 36 3,008×2,000 / 1/125(秒) / 8 / 200 / 82

3,008×2,000 / 1/125(秒) / 8 / 200 / 82 3,008×2,000 / 1/45(秒) / 5.6 / 200 / 75


URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.pentax.co.jp/japan/news/2005/200522.html

関連記事
ペンタックス、実売8万円前後のデジタル一眼レフ「*ist DL」(2005/06/02)



編集部

2005/07/04 13:22
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.