デジカメ Watch

写真で見る「LUMIX DMC-FZ5」

〜CCDが大型になった手ブレ補正高倍率ズーム機
Reported by 編集部

 光学式手ブレ補正機構を搭載した高倍率ズーム機として注目を浴びるLUMIXのFZシリーズ。4代目となる「FZ5」では、CCDの大型化、光学系の一新など、大幅な改良が加えられた。

 実写画像を掲載できる実機は未着だが、外観撮影可能な機材をお借りすることができたので、ここにご紹介する。








FZ1との比較

 編集部にあったFZシリーズの初代機「DMC-FZ1」と比較してみた。写真はいずれも左側がFZ1、右側がFZ5である。

 CCDが大きくなったにもかかわらず、ボディは初代よりも小型化されている。

 操作系は基本的に初代のものを継承しており、スライド式でクリック感のある電源ボタン、指をかけやすく重さも適度なズームレバー、わかりやすいストロボボタンなどの美点もきちんと引き継がれている。

 一方で、液晶の大型化、フォーカスボタン位置の移動、手ブレ補正モード切替ボタンの追加などの改良も加えられている。なお、フードの取り付けは、FZ3から採用されたワンタッチタイプになっている。いずれも地味な改良ではあるが、代を重ねるごとに確実に洗練されていることがわかる。



撮像素子有効500万画素 1/2.5型原色フィルターCCD
レンズライカDC VARIO-ELMARITレンズ/8群11枚
(非球面レンズ3枚3面)
焦点距離(35mm判換算)36〜432mm相当
開放F値F2.8〜3.3
撮影可能距離ワイド側:30cm、テレ側:2m〜無限遠
マクロワイド側:5cm(テレ側以外でのA/S/Mモード時)、テレ側:2m〜∞(同)
テレ側:100cm〜∞(テレ側時)
シャッター速度8〜1/2,000秒
AF方式9点AF/3点AF/高速1点AF/1点AF/スポットAF
測光方式評価測光/中央重点測光/スポット測光
記録形式JPEG、TIFF
記録画素数2,560×1,920、2,048×1,536、1,920×1,080(HDTV)
1,600×1,200、1,280×960、640×480ピクセル
動画MOV(Motion JPEG)、320×240ピクセル、30/10fps、音声付
液晶モニター1.8型 低温ポリシリコンTFT液晶 13万画素
EVF0.33型 11.4万画素
記録媒体SDメモリーカード/MMC
USBUSB
内蔵ストロボ0.3〜4.5m(ワイド側)、0.3〜3.8m(テレ側)
電源リチウムイオンバッテリーパック
サイズ約108×84.8×68.4mm(幅×奥行き×高さ、突起部を除く)
重量約290g(電池、メモリーカード含まず)



URL
  松下電器産業
  http://matsushita.jp/
  ニュースリリース
  http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn050208-2/jn050208-2.html
  製品情報
  http://panasonic.jp/dc/fz5/

関連記事
松下、500万画素になった手ブレ補正12倍ズーム機「LUMIX DMC-FZ5」(2005/02/08)



編集部

2005/02/10 00:49
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.