デジカメ Watch
最新ニュース

キヤノンEOS Kiss X2【第7回】
ダブルズームをLレンズと比較

Reported by 野下義光


普段からレンズ保護フィルター類はつけていませんが、業務で酷使してもレンズを傷付けたことはありません。ただしレンズフードは必ず着けています。ハレ切りはもちろん、レンズ保護にも役立つからです(EOS Kiss X2、EF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISで撮影)
 今回はダブルズームキットのレンズについてです。

 ご存知かもしれませんが、EOS Kiss X2はボディ単体のほかに、EF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISとセットで販売される「EOS Kiss X2・レンズキット」、さらにEF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS、EF-S 55-250mm F4-5.6 ISの2本のレンズとともにセット販売される「EOS Kiss X2・ダブルズームキット」があります。

 筆者がWeb上で調べた最安の実売価格(29日現在)では、EF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISの単品が約2万1000円。レンズキットだとボディ単品との価格差から実質約8,000円。EF-S 55-250mm F4-5.6 ISは単品が約3万1,000円。ダブルズームキットだとレンズキットとの価格差から実質約2万8,000円。

 この2本のレンズは単品で購入するよりも、キットで買うほうがお得、特にEF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISの実質約8,000円は超破格値と言えると思います。


レンズキットに付属するEF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS

ダブルズームキットにはEF-S 55-250mm F4-5.6 ISも付属


 価格もさることながら軽さも特筆ものです。

 EF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISが200g。EF-S 55-250mm F4-5.6 ISは390g。EOS Kiss X2とこの2本のレンズを合わせると1kgをちょっと越える程度。これだけで35mm判換算で焦点距離28.8〜400mm相当の画角での撮影が楽しめ、さらにISまで付いてします。

 新規でキヤノンのデジタル一眼レフの購入を検討している方はもちろん、すでにEFレンズも持っていてEOS Kiss X2をボディ単品で購入するかキットにするかを検討している方も、この2本のレンズについては興味を持っているかと思います。

 そこで、ほぼ同じ焦点域をカバーするキヤノンが誇る高級レンズのLレンズと、同一条件で撮り比べてみました。Lレンズは筆者が普段業務で使用している次の3本です。ダブルズームと同様に、現在の実売最安値と重量も書いておきます。

  • EF 16-35mm F2.8 L II USM:約16万5,000円 / 640g
  • EF 24-70mm F2.8 L USM:約15万4,000円 / 950g
  • EF 70-200mm F2.8 L IS USM:約18万9,000円 / 1,470g


 はたして、比較対照としてこの3本が適正かどうか異論もあるかとは思いますが、今回は筆者が所有するなかからの選択としました。

 ちなみに専門のポートレートでは、単焦点レンズの使用が中心です。でもズームの方が適している場面では躊躇なくズーム(上記3本)も使用しています。ズームの使用頻度は全体の約20%くらいです。

 画質ですが、さすがに10倍以上の価格差のLレンズと比較してしまうと、キットのレンズが勝っている点は全く見つかりません。Lレンズの画質がその価格に見合うものかどうかは各人の価値観に任せます。ひとつ言えることは、EOS Kiss X2はLレンズの性能をも十分引き出せる能力を持っていることです。

 キットのレンズに対する筆者個人の感想ですが、画質は十二分に実用的、しかも軽くてコンパクトでコストパフォーマンスも抜群。プライベートでの使用であれば、断然キットのレンズをチョイスします。

 逆にLレンズはよほどの事でもない限り、プライベートでは持っていかないでしょう。プライベートでの使用で大事な商売道具を万が一壊しでもしたら困るという理由もありますが、それ以前にその重さとデカさに閉口してしまいます。

 逆にEOS Kiss X2とダブルズームキットは業務での使用も考えられます。せっかく買ったのだからせっせと使って元を取らねば(笑)という理由もなきにしも非ずですが、単焦点レンズやLズームレンズを使用するきちんとセッティングされた場面ではなく、オフショット的な場面ではEOS Kiss X2とダブルズームキットの手軽さとズーム比が活かせそうです。

 それから、キットのレンズは最短撮影距離が短く、撮影倍率が大きいのも特徴です。マクロレンズには当然及びませんが、たとえばネットオークションやネットストアなどで小物を撮る場合などなら十分だと思います。

 実際に筆者も某カメラ雑誌のレビュー企画で、レビューしたカメラの物撮りをEOS Kiss X2とEF-S 55-250mm F4-5.6 ISの組み合わせで行ないました。

 もし歪曲収差が気になるのであれば、RAWで撮影すればEOS Kiss X2に付属のキヤノン純正RAW現像ソフト「Digital Photo Professional」(以下DPP)で簡単に補正できます。

 また、最短撮影距離でも画面一杯に写せない小さな物でも、Web上での掲載ならEOS Kiss X2の高画素のお陰でトリミングで十分対応できます。このトリミングもやはりDPPで簡単に作業できます。


キヤノン純正RAW現像ソフトDPPは、レンズの個別の情報を元に収差の補正が行なえます。一部非対応のレンズもありますが、EOS Kiss X2のキットのレンズは対応しています DPPではトリミングも容易に行なえます。RAWはもちろん、JPEGでも大丈夫です

 EOS Kiss X2の購入を検討中の方には、ダブルズームキットがお勧めというのが筆者の結論です。デジタル一眼レフ初体験の方には入門用としても最適ですし、ベテランの方にも手軽に撮影したい場面では便利です。

 もし、画質や開放F値に飽き足らなくなったら、Lレンズや単焦点レンズなどキヤノンの豊富なレンズラインアップ、さらにサードパーティ製レンズなど、選択肢は豊富にあります。

  • 作例のリンク先のファイルは、JPEGで撮影した画像をコピーおよびリネームしたものです。
  • 作例下の撮影データは、使用レンズ/記録解像度(ピクセル)/露出モード/露出時間/絞り値/露出補正値/ISO感度/ホワイトバランス/実焦点距離を表します。
  • 今回の作例は全てライブビューのライブモードAF(コントラストAF)を使用しています。


広角ズーム比較

  • EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS vs EF 16-35mm F2.8 L II USM


EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/3秒 / F11 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 18mm

EF 16-35mm F2.8 L II USM / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/1.7秒 / F11 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 18mm


標準ズーム比較

  • EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS vs EF 24-70mm F2.8 L USM


EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/100秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 45mm EF 24-70mm F2.8 L USM / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/100秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 45mm


望遠ズーム比較

  • EF-S 55-250mm F4-5.6 IS vs EF 70-200mm F2.8 L IS USM


EF-S 55-250mm F4-5.6 IS / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/125秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 123mm

EF 70-200mm F2.8 L IS USM / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/100秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 120mm


EF-S 55-250mm F4-5.6 IS / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 194mm

EF 70-200mm F2.8 L IS USM / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 200mm


画角比較

  • EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS → EF-S 55-250mm F4-5.6 IS


EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/400秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 18mm

EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 55mm


EF-S 55-250mm F4-5.6 IS / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 55mm

EF-S 55-250mm F4-5.6 IS / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/250秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 250mm

  • EF 16-35mm F2.8 L II USM → EF 70-200mm F2.8 L IS USM


EF 16-35mm F2.8 L II USM / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 16mm

EF 16-35mm F2.8 L II USM / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 35mm


EF 70-200mm F2.8 L IS USM / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 70mm

EF 70-200mm F2.8 L IS USM / 4,272×2,848 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 200mm



URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  製品情報
  http://cweb.canon.jp/camera/eosd/Kissx2/
  気になるデジカメ長期リアルタイムレポート(EOS Kiss X2)
  http://dc.watch.impress.co.jp/static/backno/longterm2008.htm#eos_Kiss_x2
  キヤノンEOS Kiss X2関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/02/05/7809.html

関連記事
キヤノン、IS搭載のデジタル専用低価格ズーム2本(2007/08/20)



野下義光
(のしたよしみつ)熊本県生まれ、千葉県育ち。国立木更津工業高等専門学校機械工学科卒業後、エンジニアとして大手コンピューター会社に5年勤務。その後、夢を捨てきれず写真界へ身を投じる。現在ジュニアアイドルを中心にWeb、DVDジャケ写などで活躍中。フルデジタルの写真集も多数手がけている。趣味はネットオークション(笑)

2008/05/29 15:50
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.