デジカメ Watch
連載バックナンバー
【Case-41】橋詰雅代の場合
[2007/03/19]

【Case-40】廣瀬友香の場合
[2007/03/05]

【Case-39】今泉麗香の場合
[2007/02/19]

【Case-38】朝日桂宜の場合
[2007/02/05]

【Case-37】佐藤恵子の場合
[2007/01/22]

【Case-36】足立浩美の場合
[2007/01/15]


2006年

【Case-01】 川本ちひろの場合



 22歳です。去年から自動車のショールームで働いています。今のバイト先は元々クルマ好きが高じてのきっかけだったんで、大好きなクルマに囲まれて毎日ニコニコして給料もらえるなんて良いバイトだって始めました。そう思ったのも束の間、私が入って1カ月ほど経った頃、近所にある関連会社の受付のお局様からたくさん苛められちゃいました。人生ってそう甘くないですね。

 アントクアリウムって知ってますか? NASAが開発した蟻の生態を断面的に観察できるキットなんです。最近それを購入したばかりなんですけど、暖かくなってきたからペットの蟻仲間を増やすために、ショールームの休憩時間に蟻を捕まえに近所の空き地へ通ってます。指先で蟻を潰さないように捕まえるのは案外大変で悪戦苦闘の毎日です。

 時間があれば週に3回はスポーツジムへ通い、5km程度のランニングをしています。30分くらい走ってるだけでも日頃の職場のストレスを解消できて、ついでに体内の脂肪も汗とともに流してしまってる感じです。いつかはホノルルマラソンに出てみたいなあって、結構本気で考えています。


 読者の皆さん、はじめまして。写真家のHARUKIです。ここ数年、仕事を離れた個人的な作品「東京ガールズ♀彼女たちの居場所。」というシリーズを撮ってます。昨年はそいつをひっさげて久々に個展を開催し、お陰さんで大好評。今月は京都でもやりますんで、お近くで遊んでる方や京都を訪れる予定のみなさんは、是非ご覧くださいませませ。

 元々仕事でも作品でも、今までは6×6のハッセルやペンタックス67をメインに、ブローニーカメラにネガカラー詰め込んで撮影。そいつをカラープリントにするという、手間暇かけた天然発色アナログプリントで仕上げてきたわけです、ハイ。ところが昨年ひょんなことから手に入れたD2X、撮ってみたらあーら不思議、デジタルでもちゃーんとネガ同様のデータができて、あとは暗室の代わりにPC上で処理して作品表現なんぞできるじゃあーりませんか。

 それならいっちょうデジタルでちゃんとしたシリーズを展開してみよう、という事ではじまったのがこの新シリーズ。やがて来る22世紀を迎えるまでの94年間、毎週月曜日は普段着の「彼女たち」のいろんな表情をお届けします、以後よろしゅうお見知りおきをば!!


 さてさてこのシリーズ第1回目となるちひろちゃんの撮影は、お互いのスケジュールの関係で約2週間のうちに3回にわけて行なった。最初は日比谷公園、2回目は恵比寿で、最後は代官山や渋谷近辺を車でぐるぐる移動しながらの撮影だった。移動の車中で話していた、職場にいる意地悪な姉さんの話がやたらおかしかったが、働きはじめて以来ずっと彼女は真剣に悩んでたみたいで、最近その意地悪姉さんが辞めてホッとしているそうだ。場所や天候が毎回違ったし、衣装も何度も変えての撮影で、着替えは大変だったろう。

 使用カメラはすべてニコンのD2X。基本的にスタジオカット以外はすべてJPEGのFineモードで撮影した。今回のレンズは主にAi AF-S Zoom Nikkor ED 17〜35mm F2.8D、Ai AF Nikkor 85mm F1.8D、シグマの20mm F1.8 EX DGの3本を多用した。

 実は今週号掲載カットの中に1点だけ、自分としては“チャレンジ”だった写真がある。それはガード下で俯いてる写真。このシリーズはアシストなしの1人で撮影しているのに、レンズに直接あたる逆光線のハレギリをすっかり忘れたまま撮影してしまった。オマケに白いワンピースに目を奪われたカメラの露出まで、どう考えても2EVは落ち込んでしまった。トーンカーブをいじり倒して、コントラストをヨイショッと上方修正した。


使用機材
Nikon D2X
Sandisk Extreme III
AF-S DX Zoom Nikkor ED 12〜24mm F4G(IF)
Ai AF-S Zoom Nikkor ED 17〜35mm F2.8D(IF)
Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
Ai AF Nikkor 85mm F1.8D
SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF




HARUKI
(はるき)1959年広島市生まれ。九州産業大学芸術学部写真学科卒業。広告、雑誌、音楽の媒体でポートレートを中心に活動。
1976年 個展「FIRST」を皮切りに、多数の個展、グループ展を開催。1987年朝日広告賞グループ入選、表現技術賞受賞。1991年パルコ期待される若手写真家展選出。コラボ作品がニューヨーク近代美術館に、「普通の人びと」シリーズ作品が神戸ファッション美術館に永久保存。
2003年に「Tokyo Girls♀彼女たちの居場所。」撮影スタート。2005年に同名の個 展を東京 渋谷で開催。2006年4月6日〜25日、同個展を京都ギャラリーで開催。

2006/04/03 00:00
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.