フォトアプリガイド

Rookie フォトエディター(iOS)

撮影時にエフェクトを反映。基本機能が充実したカメラアプリ

今回紹介する「Rookie フォトエディター」(以下、Rookie)は、代替カメラとして常用できる多機能カメラアプリだ。搭載するエフェクト機能は、撮影後の編集時に付加するだけでなく、撮影時にリアルタイムで反映させられるため、完成形をイメージしやすい。

価格は無料。試用バージョンは1.0.1。

「Rookie」はカメラアプリの中でも“編集”アプリというよりは、“カメラ”アプリに属する。そのため、起動するとすぐに撮影画面が表示される。

起動画面の「設定」をタップすると、こういうメニューが表示される。

これは起動画面の「エフェクト」をタップしたところ。タップして選択すると、すぐに被写体表示に反映される。

シャッターをタップして撮影が終わると、編集画面へと切り替わる。

編集画面で「エフェクト」をタップすると、エフェクトのカテゴリが表示される。この時、有料コンテンツ(アプリ内課金)も表示されているのがややこしい。

機能の紹介のひとつとして有料コンテンツを表示しているのだとは思うが、別途表示する方式の方が間違えないだけ親切だと思う。

なお、エフェクトを選択すると、選んだエフェクトの強度をスライダを使って調整可能だ。

エフェクトを適用すると再び編集画面へと切り替わる。

編集画面では、これまでどんな編集(エフェクトの付加)をしてきたかという「編集ヒストリー」を表示させる機能や、

ワンタップでオリジナル画像を表示させる機能がある。

「補正」をタップすると、「明度/対比」「色調/彩度」「色温度/色合い」「トリミング」などの調整、編集が可能だ。

撮影前に「スクエア」を有効にしていなくても、トリミング機能を使うことで「1:1」の正方形画像に加工できる。

すべての編集が終わったら「共有」をタップして、加工画像の保存、共有を行おう。

カメラロールへの保存のほか、「Instagram」「Twitter」「Facebook」へのアップロード(Instagramは別途導入したInstagramアプリが必要)に対応している。

「Rookie」は純正にはない編集機能、豊富なエフェクトを備えており、またアプリ独自のクセもなく、スマホ初心者でも安心して利用できるだろう。アプリ内課金を利用すると、機能を追加できるので、まずは素の状態で試してみて、気に入ったら課金してみるのもよいかもしれない。

ただし使ってみて思ったのが、保存し終わったタイミングなどで、課金を促される(アプリ内課金の紹介・誘導される)のが面倒ということ。撮影のテンポを考えると、このタイミングは実にいやらしい。扱いやすいアプリではあるので、ぜひタイミングの見直しを求めたいところだ。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。