フォトアプリガイド

PhotoSuite 2(Android)

レイヤーにも対応した本格画像編集アプリ

今回紹介する「PhotoSuite 2」は、オフィスアプリ「OfficeSuite」を手掛けるMobile Systemsの画像編集アプリだ。レイヤー機能を備え、本格的な画像編集が行える。

価格は507円。試用バージョンは3.2.184。

起動直後は新規ドキュメント(背景は白)が表示されている。

まずはファイルを開き、「Import」から編集画像を呼び出そう。

ツールアイコンをタップしてロックしない限り、画像の回転や拡大・縮小はタッチ操作で自由に行える。

「メニュー」を開くと、「Histogram」や「Filter」が利用できる。

なお、「Filter」には18種類のエフェクトが登録されている。本アプリで利用できるエフェクトは、オーソドックスな「Sepia」や「Monochrome」、「Grayscale」などが中心。

本アプリの特徴であるレイヤーは、「Import」から画像を追加すると自動的に追加される。また、「新規レイヤーの追加」アイコンをタップしても追加可能だ。

レイヤーを利用することで、画像ごとに細かく調整・編集できるだけでなく、「Opacity」を利用して透過率を変更し、多重露光風画像が作れる。

「調整」アイコンをタップすると、「Brightness」や「Contrast」などの調整が行える。

画像の調整・編集が終わったら、レイヤーを統合して1画像にまとめておこう。

あとはファイルから「Save as」をタップして保存する。保存する際は、保存場所を端末のストレージ領域、あるいはSDカードの2つから指定できるほか、保存形式としてJPEGやPNGなどを指定できる。

正直にいえば、極めて本格的な画像編集アプリであるが、スマートフォンのサイズを考えると扱い難い。慣れという要素もあるだろうから、使い続けることで気にならなくなるとは思う。しかし、本アプリがその本領を発揮するのは、やはりタブレットなどの大型デバイスだろう。

 ただ、昨今のスマホはハイエンドモデルほど大型化の傾向があり、タブレットとの境目が曖昧。そういう意味でいうと、スマホによっては気にならないかもしれない。

 今回試用したスマホは「Xperia Z1 f SO-02F」だが、レスポンスとしては5レイヤーで作業しても快適だった。スマホ利用を考えると2、3レイヤーで十分だと思うので、十分優秀なアプリといえる。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。