ニュース

GODOX、TTL対応の無線ポータブルフラッシュ

キヤノン用/ニコン用 国内電波認証を取得済み

ケンコープロフェショナルイメージングは、GODOXの新製品としてポータブルフラッシュ「WITSTRO AD360 II TTL-J」(キヤノン用/ニコン用)を2月12日に発売する。

価格は、キヤノン用/ニコン用のどちらも税別10万8,000円。付属のバッテリーパックのカラーにより、ブラックとオレンジの2色をラインナップする。

本製品は、現行の「WITSTRO AD360」のデザイン・使い勝手などを踏襲しつつ、TTL機能に対応させたもの。KPIが取り扱う同製品は、日本正規版として国内保証書、日本語マニュアルが付属。日本の電波法の認証も受けている。

同時発表の無線式ラジオトリガー「TTL ワイヤレスフラッシュトリガー X1」と併用することで、離れた場所から無線による同調発光が可能となる。なお、この場合はTTL調光、ハイスピードシンクロにも対応する。

電源には、バッテリーパック PB-960を使用する。

最大出力は、360Ws。対応TTLは、キヤノンE-TTL II、ニコンiTTL。バウンス角度は、上下-15〜90度、左右270度。リサイクルタイムは、0.05〜4.5秒。発光回数は、最大450回(PB960フル充電時)。色温度は、5,600±200K。閃光時間は、1/220〜1/10,000秒。

発光部のサイズは75×95×220mm。重量は800g。

バッテリーパックのサイズは133.5×49.2×159mm。重量は540g。

飯塚直