ニュース

カメラを腰に装着する「エンデバー」と「ワンダラー」

大型一眼レフにも対応 小物を入れるポケット付き

パラゴンジャパンは、コットンキャリアのカメラキャリーシステムの新製品を9月28日に発売した。スライディング式ストラップ付きカメラベルト「ENDEAVOR(エンデバー)」と、スライディング式ストラップ付きカメラホルスター「WANDERER(ワンダラー)」の2製品

ENDEAVOR

ENDEAVOR

クッションサポート付きのウエストベルトに、独自開発ロックシステム「ハブ機能」(カメラ脱着用)と、レンズや携帯など小物が収納可能なポケットを内蔵したカメラキャリーシステム。価格は税別1万167円。

ストラップにスライディング機能を備え、安全性と実用性を両立しているのが特徴。

許容荷重については、市販カメラとレンズの組合せで、持ち歩く範囲内の重量であれば、どのような組み合わせでも耐えられるように設計されているとし、大型デジタル一眼レフカメラにも対応するという。

カメラを固定するハブには、アルマイト処理を施したアルミ6061合金、ハブ受け口には高い対衝撃性と品質安定性から航空機ウィンドウシールドに使用されるLexan樹脂を使用している。

またベルトには、磨耗・引き裂き・擦り切れに高い耐用性と耐久性がある1650デニール素材を採用した。

WANDERER

WANDERER

カメラを腰のベルトやバックパックのウェストベルト、ウェストバッグに装着できるベルトキャリーシステム。価格は税別8,130円。

ズボンのベルトサイズに対応したループとバックパックのサイドベルト用の大型ループを備え、ほとんどのベルトに対応できる点を特徴とする。カメラ荷重が腰に分散されるので、ネックストラップ携行のような不安定感や首、肩への負担が少ないという。

また、独自開発ロックシステム「ハブ機能」により、片手のワンアクションでカメラを素早く取り付け、取り外しできるほか、ストラップのスラディング機能で、素早く安全に撮影ポジションにうつれるとしている。

使用素材はENDEAVORと同様に、ハブにはアルマイト処理を施したアルミ6061合金、ハブ受け口にはLexan樹脂を使用。

ホルスターのファブリックには、磨耗・引き裂き・擦り切れ・防水性などで評価の高い1650デニール素材を採用した。

許容荷重もENDEAVORと同様、市販カメラとレンズの組み合わせで、持ち歩く範囲内の重量であれば、どのような組合せでも耐えられるように設計されているという。

飯塚直