ニュース

クラシックカメラ少女展でトークショーを開催

出展イラストレーターがカメラへの想いを語る

日本カメラ博物館は、「イラストレーターが語る クラシックカメラ少女展トークショー」を4月4日に開催する。

同館で4月19日まで開催している特別展「〜カメラとイラストのコラボレーション〜 クラシックカメラ少女展」にちなんだトークショー。

同展に作品を出展しているイラストレーター4名(後日発表)を招き、フィルムカメラに対する想いや自身のイラストとそこで描いたカメラについて、またフィルムカメラやその時代のレンズを今どのように楽しむかなどを語ってもらう趣旨。

司会は、展覧会の元になった作品集「クラシックカメラ少女」の発行者であるかつゆー氏。

なお、トークショーへの参加者には当日先着で「クラシックカメラ少女展」ポスターをプレゼントする(数量限定。無くなり次第終了)。

開催中のクラシックカメラ少女展では、「クラシックカメラ少女」に掲載されているイラストの大型パネル40点と、イラスト中の少女が持つカメラの実機が展示されている。

聴講には事前予約が必要。電話か日本カメラ博物館で直接申し込む。定員は150名(先着順)。

講演会当日は、トークショー入場券でクラシックカメラ少女展を見ることができる。開館時間は10時〜17時。

  • 名称:イラストレーターが語る クラシックカメラ少女展トークショー
  • 開催日:2015年4月4日(土)
  • 時間:13時〜15時(12時30分開場予定)
  • 会場:日本カメラ博物館
  • 住所:東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
  • 定員:150名
  • 入場料:300円 (博物館入館料込み。日本カメラ博物館・フォトサロン友の会会員は無料)