ニュース

タムロン、EOS M用の高倍率ズームレンズ
「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC」

 タムロンは、ミラーレスカメラ用の高倍率ズームレンズ「18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC」(Model B011)キヤノン用を6月26日に発売する。カラーはブラックとシルバー。価格は税別8万円。

 キヤノンのミラーレスカメラ「EOS M」シリーズ用の高倍率ズームレンズ。ソニーEマウント用が2011年に発売済み。画角は35mm判換算で約28.8-320mm(1.6倍換算)相当。手ブレ補正機構を内蔵する。

 AF駆動はステッピングモーター。AF合焦後に手動でMF微調整が可能。

 レンズ構成はLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ2枚、ガラスモールド非球面レンズ3枚、XR(高屈折率)レンズ1枚、複合非球面レンズ1枚を含む13群17枚。最短撮影距離はズーム全域で0.5m。絞りは7枚羽根。

レンズ構成図

 フィルター径は62mm。最大径×全長は68×96.7mm。重量は460g。花形フードが付属する。

MTF