ニュース

ライカ大丸東京店1周年を記念した「ライカX2 Tokyo Station」

 ライカカメラジャパンは、ライカ大丸東京店のオープン1周年を記念した「ライカX2 Tokyo Station Marunouchi Building」(ライカX2 Tokyo Station)を10台限定で11月に発売する。発売に先立ち、同店で購入予約を受け付けている。

「ライカX2 Tokyo Station Marunouchi Building」の一例(ブラックボディ+リザード風ブラック)
カメラ上面に東京駅丸の内駅舎の刻印が入る

 APS-Cサイズ相当の効1,620万画素CMOSセンサー、35mm判換算36mm相当F2.8の単焦点レンズを搭載する「ライカX2」がベースの限定モデル。10種類の外装レザーを用意し、限定10台のそれぞれが異なる配色になっている。

 以下に10モデル全ての製品画像を掲載するが、予約済みとなっている場合がある点をお含み頂きたい。

ブラックボディがベースの3台。価格は28万9,000円
シルバーボディがベースの4台。価格は28万9,000円
チタンカラーボディがベースの3台。価格は29万9,000円
ブラックの上面
シルバーの上面
チタンカラーの上面

 ライカ大丸東京店は、国内4店舗目の独ライカカメラAG直営店。所在地は東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店10F。営業時間は10時〜20時(祝日を除く木曜・金曜は21時まで)。

 ストロボ部のモチーフに採用されている東京駅丸の内駅舎は、1945年に空襲で屋根や内装が焼失。1947年に2階建て・八角形の屋根に復建された。2003年に国の重要文化財に指定されたのち、2007年に同駅舎の保存・復原工事が始まり、2012年10月に1934年の創建当時と同様の3階建て・ドーム屋根の姿を取り戻した。

(本誌:鈴木誠)