ニュース

【CP+】コールマンとのコラボを発表したベルボン

 ベルボンブースでは、夏に発売する発売するコールマン(Coleman)とのコラボレーション三脚など、新製品を参考展示していた。価格は未定。

コールマンブランドを冠した三脚などを参考展示していた。

 コールマンはランタンなどのキャンプ用品で知られるアメリカのブランド。今回ベルボンおよび、エツミ、ビクセンとともにコールマンのブランドを用いた製品のライセンス製品を発表した。

こちらはファミリー向けというモデル。コールマンとベルボン両方のロゴを併記する。
三脚は既存モデルがベースだが、雲台下部にカラーのリングを入れるなどの違いが見られる。
比較的小型の雲台も。ボールがカラーになっている。
こちらも両社のロゴが付く。

 ベルボンでは三脚と雲台にコールマンブランドを使用する。いずれの製品にもベルボンのロゴも入っておりダブルブランドでの展開となる。これらの製品は、アウトドア用品店などへも販路を広げたいとしている。

ブースでは、同じくコールマンとのコラボレーションを行うビクセン製の双眼鏡(左)やエツミ製のポーチ(右)も展示してあった

 三脚の新製品としては、ウルトレックシリーズに加わる「UT-53Q」を展示していた。発売は3月で、価格は3万5,490円。

UT-53Q
短く収納できる

 従来モデルの「UT-63Q」と「UT-43Q」の中間に位置するモデル。全高は1,560と従来モデル同等を確保し、パイプ径を27mmとラインナップのなかの中間サイズとしている。推奨積載重量は2.5kg。ウルトレックシリーズは、脚を反転して収納でき、新モデルも縮長275mmと短く収納できる。

 センターポールとは別に、自由に動くアームを備えたVSシリーズに新モデル「VS-5400Q」が追加される。発売は春〜夏。価格は5万6,910円。

アングルアダプター4を介して雲台を装着したところ

 新たに「アングルアダプター4」という直角のアダプターが付属になる。雲台とポールをこのアダプタで繋ぐことで、アームを下げたローポジションでも、カメラを水平や上に向けることが可能になる。同アダプターは単体でも発売(価格未定)するという。

このようにアームをローポジションにセットしてもカメラを水平かやや上方向にもセットできる。
(参考)アダプター無しでは、アームを下げた際に雲台のプレートを水平まで寝かせることができない。

(本誌:武石修)