【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

オリンパス、GPS搭載・広角端F2のタフネス最上位機「Tough TG-1」


 オリンパスは、タフネス性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS Tough TG-1」を6月に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万円前後の見込み。

OLYMPUS Tough TG-1

 12m防水・2m耐落下・-10度耐低温・100kgf耐荷重の性能を有する、Toughシリーズのフラッグシップ機。発売済みのTough TG-820では省略していたGPS機能と電子コンパスも備えた。圧力センサーによる気圧・標高表示機能を継承。レンズ前7〜20cmを照らすマクロLEDも搭載。

 GPS機能の利用時は、撮影時にランドマーク名を表示。撮影後は約70万件のランドマークのほか、195の国や地域の中から自動で撮影画像に記録するという。昭文社がランドマークデータを提供した。

 アクティブギア画面では、フィールドでの方位・緯度経度の確認に使え、電源オフ時も電子コンパスだけ起動することができる。ロガー機能のほか、アシストデータで位置情報取得時間を短縮するA-GPSにも対応。

 撮像素子は有効1,200万画素の1/2.3型CMOSセンサー。レンズは35mm判換算25-100mm相当F2-4.9の4倍ズーム。スーパーマクロ時はレンズ前1cmの接写が可能。

 3型約61万ドットの有機ELモニターを搭載する。TGシリーズで有機ELモニターを採用するのは今回が初。

 別売の「フィッシュアイコンバーターレンズ」(FCON-T01、1万5,120円)、「テレコンバーターレンズ」(TCON-T01、1万2,810円)を装着すると、それぞれ19mm相当の魚眼撮影、170mm相当の望遠撮影が可能になる。また、「コンバーターアダプター」(CLA-T01、2,520円)の利用で40.5mmのフィルターを装着できる。

フィッシュアイコンバーターレンズ(FCON-T01) 装着例
テレコンバーターレンズ(TCON-T01) 装着例

 画像処理エンジンに「TruePic VI」を採用。裏面照射型CMOSセンサーとの組み合わせによる「iHSテクノロジー」により、撮影画質、起動時間、AF速度、連写速度の向上を謳う。HDR逆光補正機能も搭載。

 マジックフィルターは既存の「ポップ」、「ピンホール」、「フィッシュアイ」、「スケッチ」、「ウェディング」、「ロック」、「水彩」、「クリスタル」、「ミニチュア」、「ミラー」に、「ドラマチック」と「ランダムタイル」が加わった。

 ほかにも、カメラをスライドさせて撮影する3Dフォト撮影機能、全19種類のエフェクトを備えた「メイクアップ」機能などを搭載する。

 Eye-Fiカード、USB充電に対応する。

45m防水のプロテクターなどアクセサリーも用意

45m防水のプロテクター「PT-053」(3万1,500円) カラビナ付フロートハンドストラップ「CHS-09」(2,940円)
本革ボディジャケット「CSCH-109」(6,825円)。コンバーターアダプターおよびコンバージョンレンズを装着可能
ウェイストラップ(合皮)「CNS-12」(3,780円) 本革ネックストラップ「CNS-13」(5,040円)
TG-1+CSCH-109+CNS-13での使用例
カラビナ付きカメラケース「CSCH-107」(5,040円、収納例)。コンバーターアダプターを付けたまま収納可能 シリコンジャケット「CSCH-108」(3,360円、装着例)。コンバーターアダプターおよびコンバージョンレンズを装着可能
製品名 OLYMPUS Tough TG-1
撮像素子 1/2.3型有効1,200万画素裏面照射型CMOS
レンズ 25-100mm相当(35mm判換算)F2-4.9
最短撮影距離
(レンズ前)
1cm(スーパーマクロモード)
手ブレ補正 センサーシフト式
感度 ISO100-6400
背面モニター 3型約61万ドット有機EL
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード
内蔵メモリー(7.9MB)、Eye-Fiカード
連写速度 約5枚/秒
動画記録 H.264(最大1,920×1,080ピクセル)など
バッテリー リチウムイオンバッテリーパックLI-90B
外形寸法 111.5×66.5×29.1mm
質量 約230g(バッテリー、メモリーカード含む)

【2012年5月8日14時45分】外観画像とアクセサリーの情報を追加しました。




(本誌:鈴木誠)

2012/5/8 14:19