【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

ニコン、動画記録/編集機能を搭載した「D300S」

〜CFとSDHCのダブルスロットに

「AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6 G ED VR」を装着したD300S

 ニコンは、デジタル一眼レフカメラ「D300S」を8月28日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は22万円前後の見込み。

 レンズキットも用意する。「AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6 G ED VR」が付属するレンズキットが30万円前後、「AF-S DX Zoom-Nikkor 18-200mm F3.5-5.6 G ED VR II」が付属するレンズキットが31万円前後の見込み。

 2007年11月に発売した「D300」の上位機種。D300に替わり、APS-Cサイズの撮像素子を搭載するニコンDXフォーマット採用機種のフラッグシップと位置付ける。

高画質化したDムービーを搭載

 基本性能は多くの部分をD300から継承。撮像素子は有効1,230万画素のCMOSセンサー。光学ファインダーは視野率約100%、倍率約0.94倍。最高シャッター速度は1/8,000秒。感度はISO200〜3200(拡張設定時100〜6400)。測距点は51点(中央15点はクロスセンサー)。液晶モニターは約92万ドットの3型。ダスト対策機構「イメージセンサークリーニング」なども引き続き有する。

 D300からの主な変更点は、動画撮影機能「Dムービー」の搭載、連写速度の高速化、メモリーカードスロットのダブルスロット化、infoボタンとライブビューボタンの追加。また、AFの合焦時間短縮や暗所でのAF精度向上も施し、ライブビュー中に電子水準器を表示可能になった。

 Dムービーは、1,280×720ピクセル、640×424ピクセル、320×216ピクセルの動画をAVI(Motion JPEG)形式で撮影可能。フレームレートはいずれも24fps。D90に搭載しているものと比べてモアレ、ジャギー、偽色を低減しているという。加えて、動画の始点と終点を設定できる簡易編集機能や、ステレオマイク対応の外部マイク端子も新たに搭載した。

マイク端子を新たに装備 内蔵ストロボをポップアップしたところ

連写速度が最高7コマ/秒に向上

 最高連写速度はD300の6コマ/秒から7コマ/秒に高速化(いずれもリチウムイオン充電池「EN-EL3e」使用時)。バッテリーグリップ「MB-D10」使用時(EN-EL4a装着時)は8コマ/秒から変更はない。

 記録メディアはCFとSDHC/SDメモリーカードに対応するが、マイクロドライブやマルチメディアカードは非対応。メモリーカードスロットはCFとSDメモリーカードのダブルスロットとなった。

 さらに、モーターの回転数を落としてミラーダウンの動作音を抑えた「静音撮影モード」を追加した。レリーズモードダイヤル上での表示は「Q」。

「AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5 G ED」を装着したD300S 「AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8 G (IF)」を装着したD300S
バッテリーグリップ「MB-D10」 MB-D10を装着したD300S
クリップオンストロボ「SB-900」とMB-D10を装着したD300S メモリーカードスロットはダブルスロットになった

 infoボタンの挙動はD700とほぼ同様。押下すると撮影情報を表示し、再度押下することで設定メニューの一部を呼び出せる。

 このほか、アクティブD-ライティングの設定項目に「オート」と「より強め」を追加した。ユーザーからの「効果をわかりやすくしてほしい」との声に応えての実装という。

 内蔵ストロボはGN12(ISO100・m)。照射角は16mmに拡大。D300では18mmだった。AE用の1005分割RGBセンサーによるTTL調光に対応するほか、シーン認識機能により人物の顔を中心とした拡大・縮小が可能となった。

 本体サイズは約147×74×114mm。本体のみの重量は約840g。

各種パーツ類

CMOSセンサー センサーユニット
ペンタプリズム シャッターユニット
AFモジュール 測光センサー
ASIC ボディ外装
D300SとMB-D10のシーリング

現行機種との比較


  D300S D300 D90
発売時期 2009年
8月28日
2007年
11月23日
2008年
9月19日
実売価格
(2009年7月30日現在)
22万円前後
(予想価格)
174,800円 89,800円
撮像素子 方式 CMOS
サイズ 23.6×15.8mm
有効画素数 1,230万
イメージセンサークリーニング
最高感度(拡張設定) ISO6400
ライブビュー
Dムービー
ファインダー 視野率 約100% 約100% 約96%
倍率 約0.94倍
アイポイント 19.5mm
AF 測距点 51点 11点
3Dトラッキング
シャッター最高速 1/8,000秒 1/4,000秒
連写性能(本体のみ) 約7コマ/秒 約6コマ/秒 約4.5コマ/秒
記録媒体 CF&SDHC CF SDHC
液晶モニター サイズ 3.0型
ドット数 約92万
アクティブD-ライティング オート
より強め
強め
標準
弱め

強め
標準
弱め
オート
より強め
強め
標準
弱め
内蔵ストロボ ガイドナンバー
(ISO100・m)
約12
コマンダー機能
HDMI
電源(本体) EN-EL3e
本体サイズ(mm) 約147×74×114mm 約132×77×103
本体重量 約840g 約825g 約620g

(本誌:関根慎一)

2009/7/30 13:04


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.