【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

オーグ、ゴミ検知機能搭載の7,200dpiフィルムスキャナー


OpticFilm7500iAI

 オーグは、Plustek社のフィルムスキャナー「OpticFilm7500iAI」を16日に発売する。価格はオープンプライス。直販価格は6万7,500円。対応OSはWindows 2000/XP/Vista、Mac OS X 10.3.9以降。

 5月に発売した「OpticFilm7300」の上位機種。35mm判のネガ、リバーサルフィルムなどのスキャンが可能。最大読み取り範囲は36.8×25.4mm。読み取り解像度はOpticFilm7300と同じ7,200×7,200dpiだが、赤外線チャンネルによりスキャン画像上のゴミを検知する「iSRD」(Infrared Smart Removal of Defects)機能を搭載する。また、検知したゴミや傷を補正する「SRD機能」も備える。

 複数回の読み取りを行なう「Plustek Multi-Sampling」も有する。より安定した読み取りが見込めるという。センサーはCCD。光源はコールドカソードランプ。読み取り形式はシングルパス。

 スキャン速度は、7,200dpi時が97.29秒、3,600dpi時が24.22秒。Multi-Samplingを有効にすると、スキャン時間がおよそ2倍になる。

 データ管理ソフト「SilverFast」(英語版)などが付属する。本体サイズは120×272×119mm(幅×奥行き×高さ)、重量は1.5kg。フィルムホルダーとスライドホルダーが付属する。



(本誌:関根慎一)

2009/6/12 14:07


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.