「東京シャッターガール」が映画化決定 3人の「夢路歩」に聞く、写真とわたし

©2013「東京シャッターガール・Short Film」製作委員会

写真好きな人ならご存知、あの人気漫画「東京シャッターガール」(ニチブンコミックス/日本文芸社刊)がショート・フィルムとして、映画化されることが決定しました。トリプルキャストで、豪華3本立てでの上映です。そこで、主演の夏目あおいさん、田中美麗さん、藤井武美さんの3人へ映画のこと、写真のこと……いろんなお話を伺いました。

さて、その前に原作の『東京シャッターガール』についておさらいをしておきましょう。本作は、写真部に所属する女子高生・夢路歩(ゆめじ あゆみ)が、主に東京の街を舞台に写真を撮り歩きながら、出会う人々と触れ合ったり、自分を見つめ直したりする作品です。東京の様々な名所が描かれているため、東京お散歩・撮影マップとしても使えそうです。

3通りの「夢路歩」を楽しめる作品

そんな原作を元に作られる映画「東京シャッターガール」は、全3作のショート・フィルムとして、主役も監督も3名ずつ、3つの異なるストーリーが描かれています。主人公・夢路歩を演じた3人は、まっすぐな姿勢で写真に打ち込む主人公をどう見ていたのでしょうか。

主人公、夢路歩をそれぞれの作品で演じる3名。左から夏目あおいさん、田中美麗さん、藤井武美さん

手塚眞監督作品「わたしは、シャッターガール」主演の夏目さんは「(歩は)私とは真逆の性格なので、演じていてすこし難しく感じる瞬間もありましたね」と話します。原作とは異なり、落ち込んだり、泣いたりするシーンが多かったと、作品の裏話についても教えていただきました。

一方、小林幹幸監督作品「写真ってなに?」主演の田中さんは「歩は本当は素直な性格なのに、素直になれない……というような難しい部分もあるのですが、私と歩は性格が似ていたこともあり、素のままで演じることができました」と語ります。

寺内康太郎監督作品「夢路! お前無茶すんなぁ!」主演の藤井さんは「好感の持てるキャラクターでした。めったにいないタイプの、自分の趣味にまっすぐな子なので、クラスにいたらモテそうですよね。1つのことに夢中になる姿勢が私と似ていて、比較的素で演技できたのではと思います」。

景色を見たときに、心の中でピントを合わせる

写真をテーマにした作品での主演ということで、気になるのは3人と写真との関係。皆さん、シャッターガールですか?

「実はカメラというと、デジカメしか知りませんでした」と苦笑するのは夏目さん。3人の中で一番のカメラビギナーです。映画を通してカメラと出会うことで「普通に空を見上げたときに自然と、『今の空を撮影したらどうなるかな?』と心の中でピントを合わせるようになりました」と自身に生まれた変化を語ってくれました。

普段から一眼レフカメラを持ち歩いている、ザ・カメラ女子といえば田中さん。「FUJIFILM X-E1を使って、海や山などの景色を撮ることが多いですね。アイドルユニット『SUPER☆GiRLS』での活動中、休憩時間を見つけては外に出ちゃいます」。そんな田中さんに撮ってカメラとは「ストレス発散できる趣味」だとか。

人物を撮るのが好きだと話すのは藤井さん。「オリンパスのPENを持っています。友達と一緒によく写真を撮りに行きます」と話します。写真との付き合い方は三者三様。映画でも異なるカラーの夢路歩を楽しめそうですね。

何かに打ち込んでいる人にこそ、観に来てほしい

最後に作品の見どころについて尋ねてみました。「何度も壁にぶち当たる中での、自分自身との葛藤を描いた作品です。観ていただくと、勇気を持てば壁を乗り越えられると感じられるはずです。写真でも何でも、ひとつのことを集中して頑張っている人に、ぜひ観ていただきたいですね」(夏目さん)。

手塚眞監督作品「わたしは、シャッターガール」より。主演は夏目あおいさん。©2013「東京シャッターガール・Short Film」製作委員会

「『自分にとって写真とは何か』を描いています。観る人それぞれの中で『自分にとって〜とは何か』と置き換えて考えたときに、答えが見つかる作品になっています。自分の好きなこと、現在取り組んでいることについて、改めて見直せるのではないでしょうか」(田中さん)

小林幹幸監督作品「写真ってなに?」より。主演は田中美麗さん。©2013「東京シャッターガール・Short Film」製作委員会

「コメディーチックな要素も入っていて、思わず笑ってしまうシーンも多いです。特に写真好きな方には、すこしだけ立ち止まってみて、写真と自分との関係をゆっくり見つめ直すきっかけにしていただけると嬉しいですね」(藤井さん)

寺内康太郎監督作品「夢路! お前無茶すんなぁ!」より。主演は藤井武美さん。©2013「東京シャッターガール・Short Film」製作委員会

カメラ女子なら「あるある!」と共感するポイントも多そう。「東京シャッターガール」は10月12日〜25日、池袋シネマ・ロサで公開です。ぜひ劇場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 映画「東京シャッターガール」
  •  10月12日〜10月25日公開 池袋シネマ・ロサ


また、映画の公開にあわせて、写真展「TOKYO SHUTTER GIRL:2」が開催されます。30人の写真作家が漫画東京シャッターガールの世界観を写真で表現。また映画のスチール展も同時に開催されます。そしてゲストフォトグラファーとして、ハービー・山口氏、小林幹幸氏をお迎えしています。

  • 写真展「TOKYO SHUTTER GIRL:2」
  •  10月13日〜10月27日 ギャラリー・アルティザン東京


(2013/9/2)

1986年生まれのライター/編集者。楽天株式会社→ITベンチャー→フリーランスに。IT、アプリ、ガジェット、恋愛ネタなどを書く。著書は『今からはじめるNAVERまとめ』など。愛用カメラはRICOHのGR。散歩しながら気ままに撮影を楽しんでいます。(ホームページ)(Twitter)