デジカメ Watch
最新ニュース
記録メディア転送速度テスト【 SDHCメモリーカード編 】

〜容量32GBの製品を試す  


  • 記録メディアの転送速度を編集部で簡易に計測して掲載するコーナーです。

  • 掲載した結果はテストした個体によるもので、市場におけるすべての製品の性能を保証するものではありません。

  • 記事中の価格や仕様は執筆時のものです。価格は市況により変動する可能性があります。



RP-SDV32GL1K(左)とSD-HC032GT4
 2008年に入り、32GBのSDHCメモリーカードを相次いで各社が発売。市場でも入手が容易になってきた。SDHCメモリーカードが登場したのは2006年で、当初のロードマップ通り、およそ2年で規格上の最大容量に達したことになる。

 コンパクトデジタルカメラでは既に主流となったSDHCメモリーカードだが、デジタル一眼レフカメラでも採用機種が増えつつあり、連写などでの書き込み性能を気にするユーザーもいるだろう。

 今回は、パナソニックと東芝の32GB SDHCメモリーカードをテストした。パナソニックの「RP-SDV32GL1K」はClass6に対応し、転送速度は最大20MB/秒を謳っている。一方、東芝の「SD-HC032GT4」はClass4に対応し、最大公称転送速度は6MB/秒。実勢価格はRP-SDV32GL1Kが6万5,000円前後、SD-HC032GT4が3万8,000円前後となっている。


Extreme Ducati Edition SD Plus(左)とRSDC-G4GC6
 また比較のために、サンディスクの「Extreme Ducati Edition SD Plus」(4GB、Class 6)とバッファローの「RSDC-G4GC6」(4GB、Class6)も計測した。

テストに使用したSDHCメモリーカード
製品名 発売元 容量 Class 公称転送速度
RP-SDV32GL1K パナソニック 32GB Class6 20MB/秒
SD-HC032GT4 東芝 32GB Class4 6MB/秒
Extreme Ducati Edition SD Plus サンディスク 4GB Class6 20MB/秒
RSDC-G4GC6 バッファロー 4GB Class6 20MB/秒


ニコンD80での書き込みテスト


  • カメラのバッファをすべて開放した状態でRAW画像(約6.6MB/枚)を30枚連写し、メモリカードアクセスランプが点灯してから消灯するまでの時間を計測した

  • 各メモリカードごとに5回計測し、平均時間を小数第1位まで記載した

  • カメラにはボディキャップを装着し、マニュアルモードでシャッター速度は1/2,000秒に固定した。


ニコン「D80」での計測結果
製品名 発売元 容量 書き込み時間
RP-SDV32GL1K パナソニック 32GB 25.47秒
SD-HC032GT4 東芝 32GB 40.12秒
Extreme Ducati Edition SD Plus サンディスク 4GB 25.84秒
RSDC-G4GC6 バッファロー 4GB 33.83秒


 もっとも高速だったのはRP-SDV32GL1Kで、Ducati Edition SDとほぼ同じ25秒台を記録。一方SD-HC032GT4は40秒以上かかった。


PCカードアダプター経由でのテスト


  • PCカードアダプターは、32bit CardBus対応のパナソニック「BN-SDDBP3」を使用

  • HDBENCH Ver3.30のDISK計測でそれぞれ5回測定し、Read、Write、Copyの各転送量(KB/秒)の平均を記載した

  • テスト環境は、Windows XP Professinal SP3、Core 2 Duo 1.8GHz、メモリ2GBのノートPC


PCカードアダプターでの計測結果
製品名 発売元 容量 Read Write Copy
RP-SDV32GL1K パナソニック 32GB 21768.0 8265.8 1339.0
SD-HC032GT4 東芝 32GB 16406.2 7460.0 2988.2
Extreme Ducati Edition SD Plus サンディスク 4GB 22135.0 8858.0 3203.2
RSDC-G4GC6 バッファロー 4GB 21149.0 7000.8 2905.2


 Readは、SD-HC032GT4以外20MB/秒以上出ており十分高速といえる。Writeはいずれも7〜8MB/秒となっており、カードによる差はあまりなかった。Copyについては、RP-SDV32GL1Kのみ振るわない結果となった。


まとめ

 RP-SDV32GL1Kが、比較的高速とされているDucati Edition SDと同等の転送速度を出したことで、SDHCメモリーカードとして高速な部類に入るといえそうだ。SD-HC032GT4は、RP-SDV32GL1Kには及ばなかったもののClass4としての転送速度はしっかり出ていた。両者にはそれなりの価格差があるので、速度を重視せずとにかく大容量が欲しい人はSD-HC032GT4を選ぶのも手だろう。

 パナソニックのラインナップを見ると、Class6のPRO HIGH SPEEDシリーズの価格は、16GBが3万円前後、8GBが1万5,000円前後、4GBが8,500円前後となっている。これを見ると容量あたりの単価では、32GBはやや割高感はあるものの、容量と速度を重視するならこちらを選びたい。


関連記事
パナソニック、32GBのSDHCメモリーカードを25日に発売(2008/04/04)
東芝、世界初の32GB SDHCメモリーカード(2007/08/22)


URL
  記録メディア転送速度テスト バックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/speedtest_backnumber/


( 本誌:武石 修 )
2008/07/14 00:04
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.