デジカメ Watch

【新製品レビュー】ニコン「D5000」

〜付加価値が光る新エントリーモデル
Reported by 大浦タケシ

 ニコンの新エントリーモデルだ。これまで、このクラスのカメラは数字二桁を名称に使用していたが、本機より四桁となっている。今後、モデルチェンジやリニューアルの際、どのような数字となるかはちょっと興味あるところだ。

 イメージセンサーには、D90と同じ有効1,230万画素CMOSを採用。バリアングルタイプの液晶モニターは、これまでのニコンデジタル一眼レフには存在しなかったものである。ライブビューに加え、動画撮影を可能にしているなどより多機能なカメラに仕上がっている。

 執筆時における量販店での店頭予約価格は、ボディ単体8万4,800円、AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR付きのレンズキット9万9,800円、AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6 G(IF)も加わったダブルズームキットが12万9,800円となる。発売日は5月1日を予定。


ニコンデジタル一眼レフで初めてバリアングル液晶を搭載

 ボディサイズは、これまでのD60、D40よりも一回り大きい。特に高さと厚みが顕著で、高さはD60の94mmに対し104mm、厚みは64mmに対し80mmとなる(幅はD5000が127mmで1mm広い)。これは上位機であるD90と比較した場合も同様で、高さで1mm、厚みで3mm上回っている。いかに大きなエントリー機であるかが分かるだろう。

 ボディ質量はD60の495gに対し、560gとこちらも大幅にアップ。要因としてはバリアングルモニターを採用した結果が特に大きいと思われるが、コンパクトで軽量というエントリー機の常識を覆すものといえる。

 ボディサイズに合わせたグリップを持つため、ホールド感はエントリーモデルにありがちな心細さのようなものはなく、たいへん良好である。しかしながら、店頭でライバルとハンドリングを比較された際、果たして大丈夫なのか、と個人的には思えて仕方がないところだ。





 バリアングルモニターには、2.7型23万ドットのTFT液晶を採用。機構的にはオリンパスのフリーアングル液晶と似ているが、ジョイント部を液晶モニター下部に置いたタイプとなる。動きとしては上下方向と左右方向に回転するもので、比較的自由度は大きい。タテ位置にカメラを構えたときも不便に感じることはない。

 ただし、三脚にカメラをセットした際、雲台の形状や大きさによっては液晶モニターが開ききらないことがあるのは惜しいところ。バッグなどにカメラを入れた際、液晶モニターが傷つかないように裏返してボディに収納することもできる。


液晶モニターを下方向に開いたところ。途中の位置で止めておくこともできる。画面は自動的に上下が入れ替わる 通常使用時。バリアングルを採用しなければ3型の液晶モニターが搭載されたと思うと、ちょっと複雑に思える

裏返して閉じたところ。バッグなどに入れる際は、このようにしておくとよいだろう。ロックボタンを備える タテ位置での使用の際は、液晶モニターの角度はこのような感じとなる

本体と液晶モニターとのジョイント部分。モニターの大きさの割にはガッチリとしており、耐久性はありそうだ

 D90と同様、ライブビュー専用のON/OFFボタンをカメラ背面の十字キー上部に備える。コンパクトデジカメからステップアップしたユーザーをはじめ、このクラスのカメラは特にライブビューの使用頻度が高いようなので、使いやすい位置への専用ボタンの設置は必然といえる。

 ライブビューのAFに4つのモードが備わるのも新しい点だ。デジタル一眼レフカメラでもすっかり定番となった顔認識AFをはじめ、ノーマルエリアAF、ワイドエリアAFのほか、狙った被写体のみに追尾するターゲットAFが選択可能。4つのモードともコントラスト方式によるものだが、位相差方式のAFに迫るほど素早い測距を実現している。

 動画撮影を可能にしているのもD5000の大きな特徴のひとつ。記録サイズは1,280×720ピクセルのハイビジョンのほか、640×424ピクセルと320×216ピクセルから選択できる(いずれも24fps)。HDMI端子を備えているので、撮影したが動画をHDTVで楽しむこともできる。いうまでもなく、通常のムービーカメラよりも大きなイメージセンサーなので、ボケを活かした撮影や高感度でも低ノイズの撮影が可能だ。

 記録音声はモノラル。カメラにはスピーカーも搭載されているので、どこでも再生して楽しめる。ムービーカメラのように動画撮影に特化したカメラでないので、使い勝手などどうしても劣るところがあるのも事実だが、静止画撮影のついでに動画も撮りたいと思うユーザーにはこの上なく便利に思えるはずだ。最長記録時間は1,280×720ピクセルのハイビジョンで約5分、640×424ピクセルと320×216ピクセルで約20分が可能だ。


バッジの上に備わる動画撮影用のマイク。録音はモノラル。ボディ表面はザラザラとした仕上りとなる 背面にある十字キーの下には音声再生用のスピーカーを備える。右横にある赤いLEDはアクセスランプ

動画はハイビジョンの1,280×720ドット、スタンダード画質の640×424ドットと320×216ドットから選択が可能。ハイビジョンで約5分、スタンダードで約20分記録できる

記録メディアはSDHCおよびSDメモリーカード。大容量でもリーズナブルな価格のものが多いので、金銭的な負担は大きくないだろう バッテリーは、コンパクトなEN-EL9aを使用。CIPA準拠(光学ファインダー使用)で最大約510カットの撮影が可能

十字キーの上に設置されるライブビューボタン。すぐさま光学ファインダーとの切り換えが可能だ 端子カバーを開けたところ。上よりGPSユニットGP-1用端子、USB/AV出力端子、HDMI mini出力端子となる

内蔵ストロボは撮影モードにより自動的にポップアップする。ガイドナンバーは17(ISO200・m)。精度の高いi-TTL調光が可能 ローパスフィルターに付着したホコリを振るい落とすセンサークリーニング機能のほか、ミラーボックス内の空気の流れをコントロールしてホコリの付着を抑えるエアフローコントロールシステムを採用する。写真はエアの吹き出し口

上位機にも採用して欲しい「静音撮影モード」

 光学ファインダーに目を向けてみよう。ファインダーはペンタミラータイプで、倍率0.78倍、視野率約95%。倍率はD60(0.8倍)よりも小さくなっているのが数字的に気になるが、ファインダーを覗いたときにその違いを見つけるのは難しい。

 フォーカスポイントは11点。D90と同じ「マルチCAM1000AFモジュール」を採用する。中央の1点しか使わないというカメラ愛好家も多いが、フォーカスポイントは多いほうが何となくうれしいのも正直なところ。これまでのAFモードに加え運動会などのスポーツイベントで活躍しそうな3D-トラッキングAFモードが加わったほか、シーン認識システムの搭載でより精度の高い測距が可能にしている。バリアングルモニターと動画機能でライブビューに注目が集まりがちだが、こちらも大きく進化したところといえる。

 シーンモードが多彩なのもD5000の特徴だ。撮影モードダイヤルから選ぶ、いわゆるピクチャーモードが6つ。撮影モードダイヤルの[SCENE]に合わせコマンドダイヤルで選択を行なうモードが13となる。どちらも、液晶モニターに撮りたいイメージの写真が表示され、ビギナーでもたいへん分かりやすい。ふたつに住み分けられたシーンモードだが、思い切って[SCENE]モード内にひとつにまとめてしまってもよかったように思える。

 イメージセンサーは前述のとおり有効1,230万画素CMOSとなる。フォーマットサイズはいうまでもなく23.6×15.8mmのDX。D90のものと同等の性能を誇るセンサーとメーカーよりアナウンスされている。画像処理システム「EXPEED」は、高速画像生成処理、高感度時のノイズ低減、コントラストAF、倍率色収差補正などの役割も担う。ちなみに撮影コマ速は最高4コマ/秒を達成。ローエンドモデルにしては、かなり迅速な画像処理を行なうカメラといえる。

 ISOレンジは200から3200まで。拡張機能によりL1(ISO100)とH1(ISO6400相当)にも設定が可能だ。L1はコントラストがわずかにアップするため、画質にメリハリを付けたいような被写体での撮影では重宝しそうである。ピクチャーコントロールには従来からの「スタンダード/ニュートラル/ビビッド/モノクローム」に加え「ポートレート/風景」が加わる。エントリーユーザーには被写体に合わせた呼び名のほうが分かりやすく使いやすいように思える。

 また、アクティブD-ライティングも、「より強め」が加わり効果の度合いがより細分化されている。作例の撮影などではデフォルトの「オート」を使用したが、こちらは正直どれを選べばよいかさらに迷ってしまいそうである。


D90と同様「ポートレート/風景」が加わったピクチャーコントロール。具体的なシーンや被写体を呼び名にしたほうが使う機会が増えそうだ ピクチャーコントロールではこれまで通りパラメータの微調整が可能。アクティブD-ライティングがONになっている場合、調整できないパラメータもある

カメラの設定状態が一目で把握できるインフォ画面。この画面から設定の変更もできる

効果の程度に応じて6段階から選択できるアクティブD-ライティング。「オート」と「標準」、どちらを選択したらよいか悩みそう ディストーションを撮影直後に自動的に補正する「自動ゆがみ補正」が搭載された。倍率色収差補正機能とともにレンズの欠点を補ってくれる

画像編集メニューでは全16項目から選択できる。これだけあればレタッチソフトは不要に思えるほど。実用とするかは別にして、D5000ユーザーはぜひ試してみてほしい


[SCENE]モードの選択画面。コマンドダイヤルの回転に合わせて、画面左上のダイヤルを模したイラストが回転する。この中には13のシーンモードが備わっている

 上位機にもぜひ採用してほしく感じたのが静音撮影モードだ。シャッターが切れた直後からのメカ動作のスピードを落とすことで操作音を抑えるとともに、シャッターボタンが押し込まれた状態だとミラーはアップしたままとなる。赤ちゃんの近くや静かな場所での撮影では頼れる機能だ。雰囲気を損ないたくないステージやスナップ撮影でも重宝しそうに感じられた。設定に関しては、撮影設定変更画面のドライブモードで行なうが、アイコンや表示に静音撮影モードとどこにも書かれておらず、設定に慣れるまでは大いに悩みそうである。

 画像編集機能の多彩さは、ニコンデジタル一眼レフの誇るところ。D5000も例に漏れず、16ものメニューを揃える。

 個人的に気になったのがRAW現像と塗り絵だ。ボディ内で行なうRAW現像はペンタックスデジタル一眼レフではお馴染みのものである。D5000では付属する画像閲覧ソフトView NXで行なうRAW現像よりも充実した機能を備えている。

 塗り絵は被写体の輪郭のみを残した線画に変換する機能で、そのまま作品にすることも、画用紙などにプリントして子どもといっしょに色を塗って遊ぶこともできる。撮影していると画像編集機能の存在などつい忘れがちになるが、思いついたら積極的に活用してみるとよいだろう。


これまでとは次元の異なる完成度

  D5000はD90に性能および機能的にたいへん近いカメラだ。違いといえばバリアングル液晶モニターの有無およびペンタプリズムとペンタミラーの違い、そしてボディ内にAF駆動用のモーターを内蔵しているかいないかくらいといっても過言ではない。D90が登場したとき、上位機であるD300を選ぶ明確な理由が失せてしまったが、そのときと同じように今、D5000によってD90を選択する理由を見失いつつある。絶対的な性能や操作感などは当然上位機のほうが長けているが、それほどまでにD5000は、これまでのニコンのエントリークラスとは次元の異なるカメラに仕上がっている。

 あるニコン関係者にD5000についていろいろ訊く機会が個人的にあり、そこでユーザーの意見を反映したらこのようなカメラになったということを教えてくれたが、他社以上に顧客満足度に拘った同社の思想を具現化したものといってよい。D5000は実にニコンらしいカメラなのである。それゆえ、ボディの大型化という、これまでのエントリークラスの流れから外れてしまっているが、それを補うべく次の一手も同社は抜かり無く考えているはずだ。


 

●作例

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像を別ウィンドウで表示します。


感度

●ノイズリダクション:標準


Lo1(ISO100相当)
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約2.9MB / 4,288×2,848 / 1.0秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
ISO200
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.1MB / 4,288×2,848 / 1/2秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

ISO400
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.4MB / 4,288×2,848 / 1/4秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
ISO800
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.5MB / 4,288×2,848 / 1/8秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

ISO1600
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.5MB / 4,288×2,848 / 1/15秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
ISO3200
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.4MB / 4,288×2,848 / 1/30秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

Hi1(ISO6400相当)
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.4MB / 4,288×2,848 / 1/60秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

●ノイズリダクション:強め


ISO800
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約2.9MB / 4,288×2,848 / 1/8秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
ISO1600
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.1MB / 4,288×2,848 / 1/15秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

ISO3200
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.0MB / 4,288×2,848 / 1/30秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
Hi1(ISO6400相当)
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.7MB / 4,288×2,848 / 1/60秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

●ノイズリダクション:弱め


ISO800
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.5MB / 4,288×2,848 / 1/8秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
ISO1600
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.1MB / 4,288×2,848 / 1/15秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

ISO3200
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.9MB / 4,288×2,848 / 1/30秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
Hi1(ISO6400相当)
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.8MB / 4,288×2,848 / 1/60秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

ISO3200
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.9MB / 4,288×2,848 / 1/30秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
Hi1(ISO6400相当)
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.8MB / 4,288×2,848 / 1/60秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

●ノイズリダクション:しない


ISO800
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.9MB / 4,288×2,848 / 1/10秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
ISO1600
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.3MB / 4,288×2,848 / 1/15秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

ISO3200
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.6MB / 4,288×2,848 / 1/30秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm
Hi1(ISO6400相当)
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約5.1MB / 4,288×2,848 / 1/60秒 / F11 / 0EV / WB:オート / 55mm

ピクチャーコントロール


スタンダード
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.3MB / 4,288×2,848 / 1/2.5秒 / F11 / +0.7EV / ISO200 / WB:プリセット / 55mm
ニュートラル
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.2MB / 4,288×2,848 / 1/2.5秒 / F11 / +0.7EV / ISO200 / WB:プリセット / 55mm

ビビッド
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.5MB / 4,288×2,848 / 1/2.5秒 / F11 / +0.7EV / ISO200 / WB:プリセット / 55mm
モノクローム
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約2.5MB / 4,288×2,848 / 1/2.5秒 / F11 / +0.7EV / ISO200 / WB:プリセット / 55mm

ポートレート
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.3MB / 4,288×2,848 / 1/2.5秒 / F11 / +0.7EV / ISO200 / WB:プリセット / 55mm
風景
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.5MB / 4,288×2,848 / 1/2.5秒 / F11 / +0.7EV / ISO200 / WB:プリセット / 55mm

アクティブD-ライティング

オート
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.2MB / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 18mm
より強め
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.5MB / 4,288×2,848 / 1/1,000秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 18mm

強め
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.3MB / 4,288×2,848 / 1/1,000秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 18mm
標準
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.2MB / 4,288×2,848 / 1/800秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 18mm

弱め
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.1MB / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 18mm
しない
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.9MB / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 18mm

自動ゆがみ補正

オフ
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約5.6MB / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F8 / +0.7EV / ISO200 / WB:オート / 55mm
オン
D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約6.2MB / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F8 / +0.7EV / ISO200 / WB:オート / 55mm

HD動画

  • 画像をクリックすると動画をダウンロードします。
  • 再生環境などの問い合わせには対応いたしません。ご了承ください。

Motion JPEG / AVI / 32.2MB / 1,280×720ピクセル / 24fps


自由作例

D5000 / AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8 G (IF) / 約5.9MB / 2,848×4,288 / 1/250秒 / F8 / -0.7EV / ISO200 / WB:オート / 40mm D5000 / AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8 G (IF) / 約5.9MB / 2,848×4,288 / 1/500秒 / F4.5 / +0.7EV / ISO200 / WB:オート / 55mm

D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.5MB / 2,848×4,288 / 1/400秒 / F10 / -0.3EV / ISO200 / WB:オート / 45mm D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.6MB / 2,848×4,288 / 1/800秒 / F5.6 / +0.7EV / ISO200 / WB:オート / 55mm

D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.3MB / 2,848×4,288 / 1/250秒 / F8 / -0.3EV / ISO200 / WB:オート / 55mm D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約4.5MB / 4,288×2,848 / 1/800秒 / F5.6 / +0.3EV / ISO200 / WB:オート / 18mm

D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約5.6MB / 2,848×4,288 / 1/640秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 29mm D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約6.1MB / 2,848×4,288 / 1/160秒 / F10 / +0.7EV / ISO200 / WB:オート / 24mm

D5000 / AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6 G(IF) / 約5.3MB / 2,848×4,288 / 1/800秒 / F7.1 / -0.3EV / ISO200 / WB:オート / 66mm D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.6MB / 2,848×4,288 / 1/320秒 / F9 / +0.3EV / ISO200 / WB:オート / 29mm

D5000 / AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6 G VR / 約3.2MB / 4,288×2,848 / 1/125秒 / F9 / +1EV / ISO200 / WB:オート / 29mm D5000 / AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8 G (IF) / 約3.4MB / 4,288×2,848 / 1/125秒 / F5.6 / +1EV / ISO200 / WB:オート / 55mm

D5000 / AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8 G (IF) / 約3.6MB / 2,848×4,288 / 1/2,000秒 / F2.8 / +1EV / ISO200 / WB:オート / 55mm


URL
  ニコン
  http://www.nikon.co.jp/
  製品情報
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d5000/
  ニコンD5000関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2009/04/21/10671.html



大浦タケシ
(おおうら・たけし)1965年宮崎県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業後、二輪雑誌編集部、デザイン企画会社を経てフリーに。コマーシャル撮影の現場でデジタルカメラに接した経験を活かし主に写真雑誌等の記事を執筆する。プライベートでは写真を見ることも好きでギャラリー巡りは大切な日課となっている。カメラグランプリ選考委員。

2009/04/28 12:05
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.