デジカメ Watch

【新製品レビュー】キヤノン「EOS 50D」

〜細かいところも進化! 充実装備のミドルクラス
Reported by 吉住志穂

EF-S 18-200mm F3.5-5.6 ISを装着したところ
 キヤノンの中級機「EOS 40D」が、発売から約1年1カ月の早さでモデルチェンジしました。後継機種は「EOS 50D」が発売されました。デジタル専用のEF-Sレンズが使えるボディとしては最上位に位置する機種で、エントリークラスからのステップアップから、プロのサブカメラまでをカバーします。

 EOS 40Dから変わった点は、有効画素数が1,010万から1,510万になったことでしょう。映像エンジンはDIGIC IIIから、最新のDIGIC4に進化。それ以外に目立ったスペックアップは見られませんが、実際に使うと、様々な面での改良に気づきます。私もEOS 40DからEOS 50Dに買い替えたひとりですが、着実に良くなっていることに感心させられました。では、順番に見ていきましょう。


書き込み速度が大幅に向上

 はっきりいって、ボディのシルエットはEOS 40Dとほとんど変わりません。ただし、外装が荒い手触りとなり、高級感が増しました。グリップもざっくりした触り心地で、滑りにくくなったのが印象的です。また、モードダイヤルがこのクラスとしては珍しいシルバーになり、文字の視認性がやや上がった感じを受けます。





 液晶モニターの品質が良くなったのもポイントでしょう。サイズは3型で変わりませんが、ドット数が約23万から約92万になり、かなり見やすくなりました。精細度が上がったのと同時に、明るさや色味も妥当な品質になりました。正直、他社の同クラスより見劣りしていた部分であり、色の正確さには常に疑問を持っていたので、ユーザーとしてはうれしいところです。

 撮像素子はAPS-Cサイズの約1,510万画素。EOS 40Dから画素数が増えましたが、任意設定の最高感度が、EOS 40DのISO1600からISO3200になっています。

 また、「高感度撮影時のノイズ低減」が「する」と「しない」の2択から、「弱め」、「標準」、「強め」、「しない」の4つから選べるようになりました。ノイズ低減を「弱め」、「標準」にした状態で、連写速度が落ちなくなったのも特筆もの。EOS 40Dではがくっと速度が減ったことを考えると、これも新エンジンの「DIGIC 4」の力なのでしょう。


モードダイヤルの色には珍しいシルバーを採用 内蔵ストロボも上位機種にない装備です

「高感度撮影時のノイズ低減」が4段階になった CFスロットはUDMAに対応

 実験として、16GBのExtreme IVを使い、RAWを10秒間連写してみました。EOS 40Dではノイズ低減「しない」で31コマ、「する」で22コマでした。EOS 50Dだと、「しない」が36コマ、「弱め」が37コマ、「標準」が38コマと変わりません。ただし、「強め」にすると34コマに減りました。

 ちなみに、EOS 50Dの最高連写速度は約6.3コマ/秒。EOS 40Dは約6.5コマから速度が落ちてますが、実質的に変わらない印象です。というより、バッファがいっぱいになって連写速度が落ちてからは、EOS 50Dの方が高速に書き込めます。今回からCFスロットがUDMA規格に対応したので、上の実験のような差がついたのでしょう。

 メニュー画面では、クイック設定画面が使えるようになりました。オリンパスの「スーパーコンパネ」、ソニーの「クイックナビ」といった感じの機能で、撮影設定を一覧で表示すると同時に、マルチセレクターで設定を変更できます。これはかなり便利です。

 また、新モードの「クリエイティブ全自動」のときは、クイック設定画面の中で、「背景をぼかす/くっきりさせる」と、「背景を暗くする/明るくする」を変更できます。要するに絞り値と露出補正のことですが、簡単な操作とわかりやすい表示により、かんたん撮影ゾーン(全自動、シーンモード)からクリエイティブ撮影ゾーン(絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、マニュアル露出など)へのステップアップに向いているといえます。

 メニュー表示といえば、ISO感度などの設定メニューがグラフィカルな新デザインになりました。統一感もあるし、デザインセンスもグッド。撮影の本質に関わるものではないのですが、よく目にするものだけに、気に入ったデザインだとうれしいものです。


新機能の「クイック設定画面」。各設定をマルチセレクターで選択し…… マルチセレクターを押すと、設定メニューが現れます

クリエイティブ全自動(CA)の「背景をぼかす/くっきりさせる」 同じくクリエイティブ全自動の「背景を暗くする/明るくする」

電池が持つようになったライブビュー

 新機能としては、「オートライティングオプティマイザ」が目新しいところです。明るさとコントラストを自動的に補正する機能で、他社にも似たような機能があるのをご存知でしょう。露出アンダーを補正するのが基本機能のようですが、低コントラストな写真にメリハリをつける性格も持っています。そのため、いつもフラットな方向に補正されるかは、慣れるまで予測できないところがあります。「標準」、「弱め」、「強め」、「しない」の4段階を指定可能。かんたん撮影ゾーンでは、常に「標準」が働いています。

 「周辺光量補正」も新機能です。カメラがレンズに合わせて周辺落ちを軽減してくれます。搭載されているレンズのデータは20種類以上。私の持っているレンズもすべて登録されていました。また、パソコンから約40本分を登録することも可能です。


「オートライティングオプティマイザ」の設定画面 従来の「高輝度側・階調優先」も併用できる

カメラ内で可能になった「周辺光量補正」 AF微調整機能の「AFマイクロアジャストメント」も装備

 ライブビューももちろん搭載されています。EOS 40Dでは撮影準備状態のとき、背面のサブ電子ダイヤル中央にある設定ボタン(SETボタン)でライブビューに切り替えていましたが、EOS 50Dではファインダー左下のボタンから起動します。SETボタンの方がとっさに切り替えられ便利でしたが、代わりにSETボタンへの機能割当が、ライブビューに限定されるきらいもありました。光学ファインダーとライブビューの切り替え時には、どのみちファインダーから目を離します。手探りで操作できるSETボタンをライブビューが占有するより、光学ファインダー使用時にも使える機能を割り当てた方が便利との考えなのでしょう。

 ちなみに、SETボタンに割り当て可能な機能は、「記録画質選択」、「ピクチャースタイル選択」、「メニュー表示」、「画像の再生」、「クイック設定画面」になります。


ライブビューのオン/オフは、SETボタンからファインダー左横のイージーダイレクトボタンに移動 ライブビューでのバッテリーの持ちが良くなったのがうれしい。バッテリーはBP-511Aを使用可能

ライブビュー画面 クイックモード、ライブモード、顔優先ライブモードを選択可能

液晶モニターが良くなったこともあり、拡大表示がみやすくなった 設定画面が透けて表示されるようになった

「露出Simulation」=「する」で、ライブビュー画面に露出が反映される EOS 40Dに続き、静音撮影を搭載

 ライブビューには、顔認識技術を利用した「顔優先ライブモード」が加わりました。複数の顔を検出した場合には、フォーカスフレームを任意の顔に移動させられるなど、コンパクトデジカメのIXY DIGITALやPowerShotに近い使い勝手といえます。ただし、AFがコントラストAFなので、AFが合うまでのタイムラグが発生するので、動き回る被写体には使いづらいのが難点。状況にもよりますが、記念撮影のように、動かないでもらうと確実です。

 ライブビューで進化したのは、何といってもバッテリー駆動時間。EOS 40Dはライブビュー撮影と光学ファインダー撮影の差が激しく、ライブビューにすると、40〜50コマで電池残量警告が出ることもありました。予備バッテリーをふんだんに持っていないときは、意識的にライブビューを封印していたものです。光学ファインダーで撮る分には、あきれるほど撮れるのがまた悲しい。EOS 50Dではそうした苦労がなく、ライブビュー撮影が多い私にとっては、今回で一番の改良点と感じました。

 ファインダーは視野率約95%、倍率約0.95倍のガラスペンタプリズム。EOS 40Dと同じく、比較的クリアで見やすいファインダーです。アイポイントが長くとってあるので、メガネをかけていても視野周辺がケラレにくいのもポイントです。AF測距点もEOS 40Dと同等。最近のトレンドに合わせて、AF微調整機能もついてます。

 従来通り、充実したカスタマイズ機能も魅力です。FUNC.ボタンやSETボタンへの機能の割り当てをはじめ、モードダイヤル上のC1・C2へのカメラユーザー設定登録、INFOボタン表示、マイメニュー設定など、自分の撮影にあわせた設定を試行錯誤することもできます。


まとめ

 モデルチェンジを繰り返してきた歴史の長いシリーズですが、今回は新しい撮像素子、新しい映像エンジンを採用したこともあり、比較的大きなリニューアルになります。その割になぜか新鮮味が感じられないのは、ボディの見た目が大きく変わってないせいでしょうか。

 とはいえ、EOS 20DやEOS 30Dのユーザーなら、間違いなく買い替えをお勧めしたいところ。さらに、改良された液晶モニターとライブビューの電池の持ちに魅力を感じるなら、EOS 40Dからの買い替えも検討する価値があると思います。特にライブビュー+マニュアルフォーカス派のマクロ撮影や、連写を多用するジャンルの人には、満足度が高い機種でしょう。

 今回試用したEF-S 18-200mm F3.5-5.6 ISについてですが、純正レンズでは待望のデジタル専用高倍率ズームです。最近、画素数が上がる中、少し前のレンズだと「こんな画質だったかな」と首を傾げることが良くありますが、EOS 50Dとの組み合わせだと、一部のLレンズよりもくっきりとした写真になりました。高倍率ズームレンズという先入観からすると、ボケもきれいです。こうした便利で高性能(しかも軽量)なEF-Sレンズが使えるところも、EOS 50Dの魅力のひとつだと思います。


 

●作例

  • サムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像を別ウィンドウで表示します。


ISO感度

 「高感度撮影時のノイズ低減」を切り替えて撮影。ノイズ低減を強めると、描写が緩くなりますが、カラーノイズが薄くなります。3段階もあるので見極めが難しいですが、EOS 40Dの「する」「しない」の2択よりは応用範囲が広くなりそう。テストを繰り返してクセをつかみ、被写体の状況によって使い分けたいところです。

●高感度撮影時のノイズ低減:しない


ISO100
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.6MB / 4,752×3,168 / 1/2.5秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO200
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.8MB / 4,752×3,168 / 1/5秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO400
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約7.1MB / 4,752×3,168 / 1/10秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード

ISO800
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約7.4MB / 4,752×3,168 / 1/20秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO1600
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約7.6MB / 4,752×3,168 / 1/40秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO3200
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約8.8MB / 4,752×3,168 / 1/80秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード

●高感度撮影時のノイズ低減:弱め


ISO100
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.6MB / 4,752×3,168 / 1/2.5秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO200
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.7MB / 4,752×3,168 / 1/5秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO400
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約7.0MB / 4,752×3,168 / 1/10秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード

ISO800
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約7.1MB / 4,752×3,168 / 1/20秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO1600
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約7.1MB / 4,752×3,168 / 1/40秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO3200
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約8.2MB / 4,752×3,168 / 1/80秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード

●高感度撮影時のノイズ低減:標準


ISO100
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.5MB / 4,752×3,168 / 1/2.5秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO200
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.6MB / 4,752×3,168 / 1/5秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO400
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.9MB / 4,752×3,168 / 1/10秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード

ISO800
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.7MB / 4,752×3,168 / 1/20秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO1600
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.0MB / 4,752×3,168 / 1/40秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO3200
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.1MB / 4,752×3,168 / 1/80秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード

●高感度撮影時のノイズ低減:強め


ISO100
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.2MB / 4,752×3,168 / 1/2.5秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO200
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.4MB / 4,752×3,168 / 1/5秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO400
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.6MB / 4,752×3,168 / 1/10秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード

ISO800
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約6.5MB / 4,752×3,168 / 1/20秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO1600
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約5.8MB / 4,752×3,168 / 1/40秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード
ISO3200
EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約5.7MB / 4,752×3,168 / 1/80秒 / F8 / 0EV / WB:くもり / 30mm / ピクチャースタイル:スタンダード

オートライティングオプティマイザ

 この機能の基本的な役目は、白い背景などに影響を受けた露出アンダーを補正すること。影を持ち上げる効果もありますが、他社の同じような機能より控えめな印象です。

※共通データ:EOS 50D / EF 16-35m F2.8 L USM / 約7.8〜約8.2MB / 3,168×4,752 / 1/30秒 / F11 / 0EV / ISO100 / WB:くもり / 16mm / ピクチャースタイル:風景


しない 弱め

標準 強め

 また、低コントラストの写真を引き締める効果もあります。遠景や曇天の風景にメリハリをつけてくれるので、曇りの日には積極的に使いたい機能です。ただし、ハイキーな写真にしたいときなどは、逆効果になる可能性もあるので注意が必要でしょう。下の作例は、「強め」にするに従い、コントラストがついてしまった例。「しない」がイメージ通りになりました。

※共通データ:EOS 50D / EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS / 約3.3〜約3.4MB / 3,168×4,752 / 1/8秒 / F5.6 / +1EV / ISO100 / WB:くもり / 200mm / ピクチャースタイル:スタンダード


しない 弱め

標準 強め

ピクチャースタイル

※共通データ:EOS 50D / EF 16-35mm F2.8 L USM / 約9.0〜約12.1MB / 4,752×3,168 / 1/30秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 35mm


スタンダード ポートレート 風景

ニュートラル 忠実設定 モノクロ

※共通データ:EOS 50D / EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS / 約2.3〜3.5MB / 4,752×3,168 / 1/25秒 / F5.6 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 200mm


スタンダード ポートレート 風景

ニュートラル 忠実設定 モノクロ

自由作例

EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約8.3MB / 4,752×3,168 / 1/250秒 / F5.6 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 38mm / ピクチャースタイル:風景 EOS 50D / EF 16-35mm F2.8 L USM / 約7.3MB / 4,752×3,168 / 1/3秒 / F8 / -1.3EV / ISO200 / WB:太陽光 / 23mm / ピクチャースタイル:風景

EOS 50D / EF 16-35mm F2.8 L USM / 約7.6MB / 4,752×3,168 / 1.3秒 / F8 / -1EV / ISO100 / WB:太陽光 / 35mm / ピクチャースタイル:スタンダード EOS 50D / EF 16-35mm F2.8 L USM / 約7.4MB / 4,752×3,168 / 1.6秒 / F8 / -1.3EV / ISO200 / WB:太陽光 / 17mm / ピクチャースタイル:スタンダード

EOS 50D / EF 70-200mm F2.8 L USM / 約3.6MB / 4,752×3,168 / 1/2,500秒 / F3.2 / -0.7EV / ISO100 / WB:太陽光 / 135mm / ピクチャースタイル:スタンダード EOS 50D / EF 70-200mm F2.8 L USM / 約3.4MB / 4,752×3,168 / 1/200秒 / F3.2 / +0.3EV / ISO100 / WB:マニュアル / 135mm / ピクチャースタイル:風景

EOS 50D / EF 70-200mm F2.8 L USM / 約3.6MB / 4,752×3,168 / 1/320秒 / F3.2 / +0.3EV / ISO100 / WB:太陽光 / 135mm / ピクチャースタイル:風景 EOS 50D / EF 70-200mm F2.8 L USM / 約4.0MB / 4,752×3,168 / 1/160秒 / F2.8 / +0.7EV / ISO100 / WB:くもり / 145mm / ピクチャースタイル:スタンダード

EOS 50D / EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS / 約3.4MB / 4,752×3,168 / 1/4秒 / F5.6 / +1EV / ISO100 / WB:くもり / 200mm / ピクチャースタイル:スタンダード EOS 50D / EF 100mm F2.8 Macro USM / 約5.2MB / 4,752×3,168 / 1/125秒 / F3.5 / +0.7EV / ISO800 / WB:くもり / 100mm / ピクチャースタイル:風景

EOS 50D / EF 100mm F2.8 Macro USM / 約5.5MB / 3,168×4,752 / 1/160秒 / F3.5 / +0.7EV / ISO500 / WB:太陽光 / 100mm / ピクチャースタイル:風景 EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約9.3MB / 4,752×3,168 / 1/3秒 / F8 / -0.3EV / ISO100 / WB:太陽光 / 70mm / ピクチャースタイル:スタンダード

EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約9.2MB / 4,752×3,168 / 1/8秒 / F8 / -0.7EV / ISO100 / WB:太陽光 / 40mm / ピクチャースタイル:風景 EOS 50D / EF 70-200mm F2.8 L USM / 約5.5MB / 4,752×3,168 / 1/25秒 / F5.6 / 0EV / ISO100 / WB:太陽光 / 110mm / ピクチャースタイル:スタンダード

EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約3.6MB / 4,752×3,168 / 1/200秒 / F8 / -0.3EV / ISO100 / WB:白色蛍光灯 / 32mm / ピクチャースタイル:風景 EOS 50D / EF 24-70mm F2.8 L USM / 約3.7MB / 4,752×3,168 / 1/10秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:くもり / 24mm / ピクチャースタイル:風景

【2008年11月29日】EOS 40Dのライブビュー撮影について、「4〜5コマで電池残量警告が出た」との表現がありましたが、「40〜50コマで電池残量警告が出た」の誤りでした。



URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  製品情報
  http://cweb.canon.jp/camera/eosd/50d/
  キヤノンEOS 50D関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/09/18/9156.html



吉住志穂
(よしずみ しほ)1979年東京生まれ。日本写真芸術専門学校卒業後、竹内敏信事務所に入社。 2005年4月に独立。自然の「こころ」をテーマに、花や風景の作品を撮り続けている。「デジタルフォト」や「日本フォトコンテスト」で連載中。日本自然科学写真協会(SSP)会員。http://www.geocities.jp/shihoyoshizumi/

2008/11/21 00:40
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.