デジカメ Watch

写真で見るパナソニック「LUMIX DMC-LX3」

Reported by 本誌:武石 修

外部ファインダーと本革ケースの下側を装着したDMC-LX3
 パナソニックが、8月22日に発売するコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LX3」(シルバー)を借りることができたので、外観写真やアクセサリーなどを写真で紹介する。なお、実写画像は後日掲載する予定。

 DMC-LX3は、35mm判換算24mm相等、F2からのズームレンズやRAW撮影機能など、写真にこだわるユーザーに向けた同社の新製品。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万5,000円前後の見込みとなっている。撮像素子は新開発の1/1.63型有効1,010万画素CCDを搭載している。

 外観はほぼ前モデルの「LUMIX DMC-LX2」を踏襲している。指掛かりの形状が変わり、ホールド性は高まったように思う。ホットシューの搭載もこのクラスのユーザーにはありがたい装備だろう。また、オプションの外部光学ファインダーは、液晶モニターの映像とは違い大変クリアでフレーミングに集中できそうだ。

 レンズカバーはいわゆる「レンズバリア式」ではなくキャップ式。好みの分かれるところだが、付属のキャップは高級感のある仕上がりになっていた。


外観




レンズは焦点距離24〜60mm(35mm判換算)のLeica DC Vario-Summicron。開放F値はF2〜2.8と明るい レンズ鏡胴にAFモードとアスペクト比の切り替えスイッチを備える

指掛かりは縦長に変更した シャッターダイヤル周り。新たにフォーカスの状態を変更するためのFOCUSボタンを設けた

新たにホットシューを搭載した。左側にはポップアップストロボを内蔵する 背面ボタンは液晶モニターの右側にまとめて配置。追尾AFでロックするためのAF/AE LOCKボタンを装備。また、十字ボタンの下がファンクションボタンとして使用可能になった

内蔵ストロボをポップアップしたところ。上面のスライドスイッチで操作する ボディ側面の端子類。上からコンポーネント出力、デジタル/AV出力、電源の各端子

バッテリーとメモリカードには底面からアクセスする 付属の充電器(左)とバッテリー

付属のバヨネット式レンズキャップ レンズキャップを装着したところ

オプションの外部光学ファインダー「DMW-VF1」。視野枠24mm(35mm判換算)、視野率82%、ファインダー倍率0.45倍、アイポイント12.5mm(レンズ枠後端から) カメラに装着したDMW-VF1。レンズ構成は4群4枚で、重量は約18g

DMW-VF1は内蔵ストロボと同時に使用可能 ファインダーの全長は26mm

DMW-VF1には収納袋が付属する 外部光学ファインダー使用時には、メニューの「外部ファインダー」をONにすることで、液晶モニターが消灯する

付属のストラップ。同社コンパクトデジタルカメラの付属ストラップとしては、これまでで最もコストの掛かったストラップという 付属ストラップの使用例。2点吊りに対応した

オプションの本革速写ケース「DMW-CLX3」。右下のネジで本体に固定する 撮影時の状態。上側のカバーは完全に取り外すこともできる

オプションのワイドコンバージョンレンズ「DMW-LW46」を装着したところ。3群3枚で重量は約150g ズーム広角端で、35mm判換算18mm相当の画角が得られる(0.75倍)。取り付けにはレンズアダプター「DMW-LA4」が必要

コンバージョンレンズ使用時にはメニューの「コンバージョン」を“W”に設定することで、最適な画像が得られる

メニュー画面など

撮影画面で追尾AFにしたところ ロックした被写体が動いてもAFフレームが追いかける

手ブレ補正モードに、常時補正のMODE1とレリーズ時のみ補正のMODE2を自動で切り替える「AUTO」が新たに加わった 2軸のホワイトバランス微調整も新機能

新シーンモードの「サンドブラスト」。白黒に加え、ざらざら感を表現した写真になる こちらも新搭載のシーンモード「ピンホール」。ピンホールカメラのように周辺光量落ちを実現する

多重露光も前モデルに無かった機能 前に撮影した被写体を見ながら多重撮影ができる

DMC-LX2には無かったフィルムモード。フィルムを選ぶように画質を設定できる ジョイスティックを押と現れるQメニューを継承。パラメーターを簡単に変更できる


URL
  パナソニック
  http://panasonic.jp/
  製品情報
  http://panasonic.jp/dc/lx3/

関連記事
パナソニック、開放F2の24mmズーム機「LUMIX DMC-LX3」(2008/07/22)



本誌:武石 修

2008/07/28 11:57
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.