デジカメ Watch

トキナー「AT-X 16.5-135 DX」

交換レンズ実写ギャラリー
Reported by 上田晃司

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.6MB / 4,288×2,848 / 1/200秒 / F9 / -0.7EV / ISO200 / WB:曇天 / 16.5mm




D300に装着したところ。ニコン用が4月25日に発売。キヤノン用の発売時期は6月下旬。価格は8万4,000円
「AT-X 16.5-135 DX」は、APS-Cフォーマットの撮像素子専用の高倍率ズームレンズ。焦点距離は35mm判換算で24.6mm〜202.5mm相当(ニコンマウント)をカバーする。ズーム比は、約8.2倍となり、レンズ構成は12群15枚。今回使用したのは、ニコンマウントだ。

 まず注目すべき点は、28mm相当が多い高倍率ズームレンズで、広角側を拡張している点だろう。個人的にも高倍率ズームレンズを使っているとき、「もう少し広角に強ければ」と思うことがよくあったが、このレンズでほぼ解決された印象。カバー範囲の広さが心強い。

 また、鏡筒がとてもしっかりとしている点にも惹かれた。高倍率ズームレンズは鏡筒にガタつきがあるものも少なくないが、このレンズはとにかくがっしりした印象。そのためもあり、自重落下を防ぐズームロック機構は搭載されていない。実際に数日持ち歩いたが、移動中にレンズが勝手に伸びることは無かった。

 大きさは、全長78mmと高倍率ズームレンズにしては、コンパクトな印象。重量は、610gと少し重めの印象だが、ニコンD300に装着するとバランスがよい。付属の花型バヨネットフードには植毛処理を施してある。

 オートフォーカスは少し遅めだが、高倍率ズームレンズであることを考慮すると許容の範囲内。それよりも、いわゆるフルタイムMFが使えないのは残念だ。MFは、フォーカスリングにある程度のテンションがかかっているので使いやすい。

 描写に関しては、絞り開放ではとてもソフトな描写ながら、2段ほど絞ることで、高倍率ズームレンズにしては高い解像力と、繊細な描写を楽しむことができる。周辺光量落ちに関しても、F8位まで絞ればまず気にならない。広角端での歪曲収差は、高倍率ズームレンズとしては優秀に補正されている。撮影中に歪みが気になることは無かった。ただしレンズの構成枚数が多いだけに、逆光ではゴーストが生じることがあった。

 広角に重点をおいたことにより、より一層高倍率ズームレンズが便利になった印象だ。このレンズ1本で多くのシーンをカバーできるので、荷物の制限される旅行、スナップ、山登りなど、これからのシーズンには特に重宝しそうなレンズだ。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像を別ウィンドウで表示します。





D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.3MB / 4,288×2,848 / 1/640秒 / F5 / -1.3EV / ISO200 / WB:晴天 / 30mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.3MB / 4,288×2,848 / 1/250秒 / F6.3 / 0EV / ISO200 / WB:晴天 / 75mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.9MB / 2,848×4,288 / 1/200秒 / F9 / -0.3EV / ISO200 / WB:曇天 / 50mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.5MB / 2,848×4,288 / 1/320秒 / F9 / 0EV / ISO200 / WB:晴天 / 95mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.3MB / 4,288×2,848 / 1/160秒 / F5.6 / -0.7EV / ISO200 / WB:晴天日陰 / 95mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約6.1MB / 2,848×4,288 / 1/500秒 / F10 / -1.7EV / ISO200 / WB:晴天 / 25mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.2MB / 2,848×4,288 / 1/1250秒 / F6.3 / 0EV / ISO200 / WB:晴天 / 135mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.9MB / 2,848×4,288 / 1/160秒 / F8 / +0.3EV / ISO200 / WB:晴天 / 95mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.0MB / 2,848×4,288 / 1/500秒 / F6.3 / +1EV / ISO200 / WB:晴天 / 80mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.8MB / 2,848×4,288 / 1/800秒 / F5 / -0.7EV / ISO200 / WB:晴天 / 75mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.2MB / 2,848×4,288 / 1/400秒 / F6.3 / -0.3EV / ISO200 / WB:晴天 / 80mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.2MB / 2,848×4,288 / 1/500秒 / F5.6 / -0.7EV / ISO200 / WB:晴天 / 60mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.8MB / 2,848×4,288 / 1/500秒 / F6.3 / 0EV / ISO200 / WB:晴天 / 30mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.0MB / 2,848×4,288 / 1/2,500秒 / F5.6 / -0.3EV / ISO200 / WB:晴天 / 135mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約6.7MB / 2,848×4,288 / 1/200秒 / F7.1 / -0.7EV / ISO200 / WB:晴天 / 110mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約7.0MB / 2,848×4,288 / 1/400秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 16.5mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.9MB / 2,848×4,288 / 1/125秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO200 / WB:晴天 / 80mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.9MB / 4,288×2,848 / 1/400秒 / F6.3 / +0.7EV / ISO200 / WB:晴天 / 135mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.6MB / 4,288×2,848 / 1/320秒 / F8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 16.5mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.5MB / 2,848×4,288 / 1/200秒 / F5.6 / -0.3EV / ISO200 / WB:晴天 / 135mm

D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.5MB / 2,848×4,288 / 1/160秒 / F5.6 / -0.3EV / ISO200 / WB:晴天 / 135mm D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約5.2MB / 2,848×4,288 / 1/160秒 / F7.1 / -0.7EV / ISO200 / WB:晴天 / 125mm




D300 / AT-X 16.5-135 DX / 約4.5MB / 4,288×2,848 / 1/3秒 / F7.1 / -0.7EV / ISO200 / WB:晴天 / 16.5mm





URL
  トキナー
  http://www.tokina.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.tokina.co.jp/news/4961607165135news.html

関連記事
トキナー、「AT-X 16.5-135 DX」ニコン用を25日に発売(2009/04/17)
トキナー、25mmからの8倍ズーム「AT-X 16.5-135 DX」(2009/03/18)



上田晃司
(うえだこうじ)1982年広島県生まれ。アメリカ、サンフランシスコに留学し、写真と映像の勉強をする。学生時代にTV番組やCMを制作するものの人物写真に目覚め、写真家を目指すことを決意。帰国後、写真家塙真一氏のアシスタントしながらフリーランスのカメラマン、ライターとしても活動を開始。

2009/04/23 20:22
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.