デジカメ Watch

パナソニック「D Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」

交換レンズ実写ギャラリー
Reported by 上田晃司

LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/160秒 / F10 / +0.3EV / ISO100 / WB:晴天 / 14mm




LUMIX DMC-L10に装着した状態。実勢価格は12万5,000円前後
 焦点距離28〜300mm相当(35mm判換算)をカバーするフォーサーズ専用の高倍率ズームレンズ。望遠端が開放F5.6なので、高倍率モデルにしては望遠側が少し明るめ。また、円形絞りを採用していることもあり、キレイなボケを楽しむことができる。しかも光学式手ブレ補正を搭載。高倍率ズームの使用時に多い手ブレ低減も期待できる。今回は、LUMIX DMC-L10で試用した。

 本レンズは「Extra Silent(XS)技術」による、ライカDレンズ初の超音波モーターを搭載している。そのためAF音が気になることは一度もなかった。合焦までの時間も短く、気持ち良くAFを使うことができる。さらに、ピントを合わせた後に微調整を行なう、いわゆるフルタイムマニュアルも可能だ。撮影距離表示も搭載され、MF時にはピントの目安として重宝した。ズームリングやフォーカスリングも滑りにくく、手によく馴染む。

 また、DMC-L1とDMC-L10では、絞りリングでの絞り値変更が可能。アナログの操作感が好きなユーザーにはうれしい機能だ。手ブレ補正はシャッター速度にして、約3段分の補正が可能。さらに、流し撮り用の「MODE3」にも対応している。

 最短撮影距離は、ズーム全域で50cm、最大撮影倍率は0.36倍。簡易マクロ的な使い方ができるので、いざというとき重宝しそうだ。ライブビュー時にはコントラストAFも利用できる。

 高倍率ズームレンズにしては全体的にはシャープで解像感が高く、特に望遠側ではより解像感が増す印象。絞り開放ではソフトなイメージに仕上がるが、ボケはとてもなめらか。F8まで絞ればシャープになり、周辺光量落ちもほとんど目立たなくなる。

 逆光にも強い。太陽を直接構図に入れても、派手なフレアやゴーストはほとんど確認できなかった。さすがに朝日を撮影した時はゴーストが現れたものの、ほかのシチュエーションで生じることはなかった。レンズコーティングの良さがうかがえる。高倍率ズームだけに歪曲収差も存在するが、撮影していて大きく気になることほどではない。

 DMC-L10の標準ズームレンズ「D Vario-Elmar 14-50mm F3.8-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」とほとんど変わらない全長であり、手ブレ補正付きの高倍率ズームながら、あまりかさばらないのも魅力だろう。画質にも不満はないので、旅やスナップに適した1本だと実感した。

  • 作例のリンク先のファイルは、JPEGで撮影した画像をコピーおよびリネームしたものです。
  • 作例下の撮影データは、使用ボディ/記録解像度(ピクセル)/露出モード/露出時間/絞り値/露出補正値/ISO感度/ホワイトバランス/実焦点距離を表します。





LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/125秒 / F8 / 0EV / ISO100 / WB:晴天 / 150mm

LUMIX DMC-L10 / / 2,736×3,648 / 絞り優先AE / 1/200秒 / F6.3 / 0EV / ISO100 / WB:晴天 / 133mm

LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/200秒 / F6.3 / 0EV / ISO100 / WB:晴天 / 150mm

LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/200秒 / F5.6 / +0.3EV / ISO100 / WB:晴天 / 150mm


LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/80秒 / F20 / -0.3EV / ISO100 / WB:晴天 / 14mm

LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/400秒 / F6.3 / 0EV / ISO100 / WB:晴天 / 150mm


LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/250秒 / F8 / -0.3EV / ISO100 / WB:晴天 / 14mm

LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F10 / -0.7EV / ISO100 / WB:晴天 / 117mm


LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/160秒 / F9 / 0EV / ISO100 / WB:晴天 / 14mm

LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/320秒 / F5.6 / 0EV / ISO100 / WB:晴天 / 150mm


LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/400秒 / F5.6 / 0EV / ISO100 / WB:晴天 / 150mm LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/400秒 / F6.3 / 0EV / ISO100 / WB:晴天 / 150mm


LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/30秒 / F14 / -0.3EV / ISO100 / WB:晴天 / 14mm

LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/1.3秒 / F16 / 0EV / ISO100 / WB:日陰 / 19mm


LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/60秒 / F10 / 0EV / ISO100 / WB:オート / 17mm

LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/5秒 / F10 / -0.7EV / ISO100 / WB:日陰 / 14mm


LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/400秒 / F14 / +0.7EV / ISO100 / WB:曇天 / 55mm





LUMIX DMC-L10 / 3,648×2,736 / 絞り優先AE / 1/400秒 / F14 / +0.7EV / ISO100 / WB:曇天 / 55mm






URL
  パナソニック
  http://panasonic.co.jp/
  製品情報
  http://panasonic.jp/dc/leica_d_lens/vario_elmar14-150.html

関連記事
パナソニック、手ブレ補正ズームレンズ「Vario-Elmar」2モデル(2007/09/25)



上田晃司
(うえだこうじ)1982年広島県生まれ。アメリカ、サンフランシスコに留学し、写真と映像の勉強をする。学生時代にTV番組やCMを制作するものの人物写真に目覚め、写真家を目指すことを決意。帰国後、写真家塙真一氏のアシスタントしながらフリーランスのカメラマン、ライターとしても活動を開始。

2008/06/12 12:02
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.